カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

内祝いで喜ばれるものって?

2017-04-20 11:02:16 | ギフト

内祝いとはよく聞く言葉ですが、一般的には何かお祝いやお見舞いなどを貰った時にそれに対するお返しの事を意味しています。

例えば結婚のお祝いを貰ったら結婚内祝い、出産のお祝いを貰ったら出産内祝い、入院してお見舞いを貰ったら快気内祝いといった感じです。

もともとこの内祝い、本当の意味は少し違って、自分自身や自分の家族にお祝い事があったような時、その幸せをお裾分けする品という意味でした。

それが最近は何か頂いたものへのお返しという意味で使われるようになってきたのです。

ですが、「何かしら良い事があったのでお裾分けしたい」つまり、「周りの人にも喜んで貰いたい」という気持ちから渡すものなので、内祝い 喜ばれるものを選ぶのが基本でしょう。

ここで内祝い 喜ばれるものとしては、今の時代は何と言ってもカタログギフトではないでしょうか?以前は「カタログギフトは味気ない」「選ぶのが面倒」「たいしたものが載っていない」といったマイナスの意見もありましたが、時代と共にどんどん変化していき、今ではカタログギフトの質はとても上がっています。

若い人にも年輩の人にも幅広い年齢層の人に喜ばれるように多彩な品が掲載されていますし、昔から根強く人気のブランドだけでなく、話題のブランドなども掲載されているなど、本当にレベルが上がっているので安心してお返し出来るものでしょう。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ 香典返し ギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結婚祝いのお返しに関するマナー | トップ | 友人への結婚内祝いに最適な... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL