カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

友人への結婚内祝いギフトに関するマナー・常識

2017-04-19 19:06:09 | ギフト

「友人への結婚内祝いギフトに関するマナー・常識」についてご紹介いたします。

友人から結婚祝いを頂いた場合に結婚内祝いを友人の方へ贈ります。

友人への結婚内祝いギフトに関するマナーや常識にはどのようなものがあるのでしょうか。

友人への結婚内祝いギフトに関するマナーは、まずは結婚内祝いは、頂いたお祝い金や品物の半返し程度のものを贈りましょう。

そして結婚のお祝いを頂いたら電話などですぐにお礼を伝えるようにしましょう。

結婚内祝いを贈る時期は、結婚式をあげてから1ヶ月以内くらいまでにおくるようにしたほうがよいでしょう。

あまり遅くなってしまうことはマナー違反となってしまうため気を付けたほうがよいでしょう。

品物を送る際にはお礼状やメッセージカードを添えて感謝の気持ちを相手の方に伝えるとよいでしょう。

結婚内祝いにはカタログギフトやスイーツギフト、タオルギフト、テーブルウェア、グルメギフト、コーヒーや紅茶などのギフトセットなどが人気があります。

カタログギフトであればミストラルのカタログギフトなどもおすすめの品物です。

有名なブランドから雑貨・グルメまでさまざまな商品が掲載されているカタログギフトです。

その他にも友人への結婚内祝いギフトにはディズニー クラシック・プー アソートなどもおすすめの品物です。

くまのプーさんがデザインされたかわいい紅茶とクッキー・ジャムのギフトセットになります。

タオルギフトを贈る場合は今治謹製のフェイスタオル2枚セットなどもおすすめです。

今治謹製のタオルを手にしてみるとわかりますが、タオルの心地よさを実感することができます。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ カジュアルパーソナルギフト ギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出産祝のお返しの「のし」の... | トップ | 結婚祝いのお返しに関するマナー »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL