カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

友人への入学祝いギフトに関するマナー・常識

2017-08-05 19:08:54 | ギフト

友人への入学祝いに関するマナーとして気をつけたいことは、他の人からの贈り物と重ならないように配慮することです。

例えば、電子辞書や財布といったものは、複数持っていてもあまり役に立ちませんので、困らせてしまうことになります。

友人の場合はお話がしやすいでしょうから、どのようなものがよいか事前に確認するようにしましょう。

本人の好みもありますので、入学するお子さんに聞くことができればベストですね。

もし何を渡せばよいか事前に確認するのが難しい時は、カタログギフトが便利です。

入学祝い用のカタログを手配すれば、定番ギフトが一通り揃っています。

本人に選んでもらえますので、失敗することがなく安心ですね。

贈る時期は卒業式が終わった後の3月中旬から4月上旬までが最適です。

大学の入学祝いは、実際に進学が決定してから贈るようにしましょう。

もしお子さんが浪人することになった時は、卒業祝いとして励ましの気持ちを込めてプレゼントしましょう。

プレゼントにかける「のし」のマナーは紅白、蝶結びの水引で、表書きには「祝御入学」や、「御祝」といった書き方をします。

カタログギフトを利用すれば、「のし」の準備もあわせてオーダーできる場合が殆どです。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ 結婚・出産・七五三・卒業・入学・就職・退職祝のギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内祝いに人気のブランドタオル | トップ | 義両親への結納返しに最適な... »

ギフト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL