カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

贈り物のお返しのマナーや常識は?

2017-05-17 09:28:38 | ギフト

贈り物を誰かから戴いた際、マナーとして最も需要なのは「贈り物 お返しが必要」という点です。

基本的には多くの贈り物のお返しの目安は大体「戴いた物や金額の2分の1から3分の1以上」というのが前提です。

その時には「相手が貰って嬉しい物を贈る」必要があり、そのためには前もって相手が喜ぶものを知っておかなければなりません。

また、贈り物のお返しを贈る時期は相手が覚えている間、つまりなるべく早く、出来るなら「1ヶ月以内に贈る」というのがトラブルになりにくいと言われています。

あまり遅すぎると相手を忘れていたことになるので、受け取ってからなるべく早く手配をする必要があるでしょう。

その際、贈り物と一緒に「御礼状などの手紙を同封する」のを忘れないことが重要です。

しかし、これらのマナーを守りながら個人が物を手配するのはなかなか厳しいものです。

特に人の嗜好を理解して物を用意するというのは短期間ではまず無理だと考えるべきです。

そういった時、カタログギフトであれば、相手は自分の好みにあったものを選択してくれるのでその手間を省くことができます。

そのため、カタログギフトなら「贈り物 お返しどうしよう?」と一つ一つ選ばなくても相手の要望に応えられるので、時間もお金も節約できて一石二鳥です。

もし、こういった複雑で難易度の高いマナーでお困りならばカタログギフトは最良の選択の一つとなるはずです。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ 【主な内祝い】快気祝い・快気内祝い ギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引き出物に人気のブランドタ... | トップ | 法事の引き出物に最適なお菓子 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL