カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

法事の返礼品の「のし」

2017-08-05 13:11:24 | ギフト

法事 返礼品の「のし」については何通りかあります。

一つ目は「志」という一文字に喪家の名字が入っているというのしです。

これが一番よく目にすることが多い一般的なのしで、法事 返礼品であるお茶や海苔、後日送られるカタログギフト等にそとのしで配られるものです。

志とは気持ちという意味が込められていて、気持ちばかりのものという喪家の心遣いが含まれています。

法事のお返しはある程度決まった品物であることも多いですが、それは昔から仏事で使うということに意味を持っていたり、逆に仏事にふさわしくない品物を選ばないようにという意味合いもあるようです。

二つ目は「満中陰志」という表書きで、西日本地域に多いと言われています。

満中陰とは49日目にあたる日をさすので、満中陰の志という意味が込められた言葉を使う風習があります。

返礼品はお茶や海苔、カタログギフト等と変わらないようです。

その他に、仏式だと「忌明」、神式だと「偲び草」、キリスト教では「記念品」など、宗教によっても表現方法は様々です。

いずれの言葉も、お礼を言えなくなってしまった故人に代わり、喪家が生前のお付き合いに対する感謝の気持ちを込めたお返しを、返礼品とのしという形で表しているということでしょう。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ 結婚引出物 ギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友人への出産内祝いギフトに... | トップ | 内祝いに人気のブランドタオル »

ギフト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL