カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

結婚祝いのお返しはいつするばいいの?

2017-05-05 19:17:46 | ギフト

結婚の祝いを頂いた時には、披露宴に参加できなかった方に贈るのがマナーとされています。

主にお返しの時期としては結婚の挙式から一か月以内にお届けするのが大切です。

結婚お祝い返し相場といたしましては、貰ったお祝いの金額の半分を相手様にお返しするといったことが定番のようです。

そして、大切なのはお返しをする際に感謝の一言を添えて贈るということを忘れてはいけません。

贈る内祝いの内容としては、誰もが好むような使える用品を選択することが大事になってきます。

あまりにこだわりを持ちすぎて相手にとって反対に使いづらいものでは、贈られた方も困惑する品になってしまいます。

結婚お祝い返し相場として約半額を目安としますが、一番今主流になっているのはカタログギフトを利用することです。

これなら贈られた側の人の本当に今欲しかったものを内祝いにお届けすることができるので、双方プラスで大好評なのです。

今やインターネットでこのカタログギフトは手軽に注文できますので、プロによる手配で安心のお届けも心強い味方になることでしょう。

メッセージや熨斗、包装までしっかりと用意されているので、何かと大変な内祝いのお返しを迅速に贈ることができる嬉しいサービスになっています。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ そのほかの様々な慶事 ギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法事の返礼品の相場 | トップ | 友人への結婚内祝いに最適な... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL