カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

出産祝のお返しの相場金額

2017-06-30 15:05:52 | ギフト

出産したら周りの方から出産のお祝いを貰う事になるでしょう。

このように出産のお祝いを貰ったら、それに対してお返しをするのが礼儀とされています。

この出産祝のお返しの相場ですが、だいたい貰ったお祝いの額の半分から3分の1程度の額をお返ししたらよいとされています。

ですが、一方で、この出産のお祝いは、生まれてきた子供に対するお祝いなので、子供はまだ経済的に無力だからお返ししなくてもよい、という考え方もあります。

このように考えてかどうかは分かりませんが、最近の若い人の中にはお返しをしない人も増えてきているみたいです。

それに、同年代の友人とかなら、ちょうど出産の時期が重なる事もよくある話しなので、「出産祝のお返しはお互い様になるから止めよう」と暗黙の了解のようなところもあるかもしれません。

ですが、同年代の友人でも必ずしもみんなが結婚していて、しかも出産するかどうかは分かりませんし、何人子供を生むかも人それぞれです。

ですから、なるべく出産祝のお返しは何らかの形でお返ししておいた方が無難かもしれません。

確かに産後バタバタしている時に、お返しの相場を気にしたり、何をお返ししたらよいか悩んだり、なかなか面倒な事だとは思います。

そこで助かるのがカタログギフトです。

カタログギフトなら予算に応じてカタログが用意されていますし、相手の方に品物を選んで貰うので自分が悩む必要が無くなります。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ 出産祝い ギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実両親への母の日のプレゼン... | トップ | 満中陰志、香典のお返しの「... »

ギフト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL