カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

実両親への父の日のプレゼントに関するマナー・常識

2017-03-15 17:38:58 | ギフト

実両親への父の日のプレゼントでもマナーはあり、身近な存在だからこそ常識くらいは守らないといけません。

必ず守らないといけないのが日時で、父の日が6月の第3日曜日であるので覚えておく必要があります。

その日にプレゼントをするというのがマナーとなっています。

しかしながら就職や進学などによって一緒に住んでいない場合には郵送をすると思いますが、こういう場合でも守らなければいけないことも多くあります。

手渡しが出来ない場合でも父の日までには必ず届けておくことが重要で、遅れないようにすることが大切になります。

郵送の場合には熨斗なども重要になり、プレゼントを贈る際には紅白5本の蝶々結びにしてカタログギフトなど商品を贈るだけではなく、こういったマナーや常識などにも気をつけることが実両親へ自分の成長を伝えるためにも重要になってきます。

また、郵送の場合にはプレゼント贈って終わりというわけではなく、手紙を添えたり、電話で日頃言えないような気持ちなどを贈るというのも重要であり、プレゼントだけを贈るというのは避けるようにしましょう。

カタログギフトなどで贈る場合でも、感謝の気持ちなども添えておくと気持ちが伝わりやすくなります。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ 時候の贈り物(お中元・お歳暮) ギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親戚への出産祝いのお返しに... | トップ | 引き出物に人気!おいしい食べ物 »

ギフト」カテゴリの最新記事