カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

結婚祝いのお返しに関するマナー

2017-04-20 00:20:21 | ギフト

「結婚祝いのお返しに関するマナー」についてご紹介いたします。

結婚祝いのお返し 品物を送る際にはどのようなマナーに気をつけたらよいのでしょうか。

結婚祝いのお返し 品物を送る際のマナーは、まずはお祝いを頂いたらお礼の言葉をすぐに伝えるようにしましょう。

お祝いをいただいたときには内祝いの品物を考えるよりもまずはひとまずお礼の言葉を伝えるようにしましょう。

直接いただいたときにはその場で伝えます。

配送などでお祝いを受け取ったときには、先様へ早めに電話をしましょう。

そして感謝の気持ちを伝えるとよいでしょう。

贈り主にたいして「無事に届いた」ことを伝えて安心して頂くことも大切なマナーです。

一般的に、結婚祝いの内祝いを贈る時期は結婚式をしてからなるべく早めにおくります。

挙式後の1ヶ月以内を目安だとされています。

お返しの品物を贈る事を忘れてしまうのはマナー違反なので気をつけましょう。

いただいたお祝い金や品物の半額くらいの品物を贈ることが一般的です。

カタログギフトなどもお祝いのお返しにはおすすめの品物です。

カタログギフトのミストラル(マリーゴールド)は送料無料でおくることができます。

商品価格は税込みで8,640円になります。

+システム料が648円(税込)かかります。

商品内容はカタログが328頁、掲載点数が約590点になります。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ 出産祝い ギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友人への結婚内祝いギフトに... | トップ | 内祝いで喜ばれるものって? »

ギフト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL