カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

義両親への結納返しに関するマナー・常識

2017-05-03 14:22:46 | ギフト

「義両親への結納返しに関するマナー・常識」についてご紹介いたします。

義両親への結納返しに関するマナー・常識にはどのようなものがあるのでしょうか。

結納返しは、結納を行った場合には結納を受け取った側が相手側にするお返しのこといいます。

結納返しでは結納金のほかにも結納セットの結納品や食事会に対してもお返しをする場合があります。

結納のお返しの割合は、家のしきたりや住んでいる地域によっても異なりますので注意したほうがよいでしょう。

結納を行った際には、結納を受け取った側が相手のかたに返礼としてお返しをする習慣があります。

結納金のお返しとして記念品や現金などをおくったり縁起物の結納品に対するお返しなどをおこないます。

結納品に対してのお返しの結納品はのしの色を変えて返します。

具体的には結納金に対してのお返しの結納金をおくったり、婚約記念品となる婚約指輪などに対してのお返しの品としてスーツや時計などをおくります。

また食事会に対してのお返しの金品としては折半にする、というような方法があります。

義両親への結納返しに贈りたいプレゼントは、記念となるお祝いメッセージギフトやお花のギフト、カタログギフト、名入れのギフトなどがあります。

カタログギフトを贈った場合には義両親に好きな品物を選んでもらうことができます。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ 【主な内祝い】快気祝い・快気内祝い ギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実両親へ母の日に贈りたいプ... | トップ | 出産祝いのお返しに添えるメ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL