カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

お返しの品としておすすめのお菓子

2017-06-28 13:22:48 | ギフト

お祝いなどを頂いた場合は、まずはすぐにお礼の電話やお手紙を送ることが大切です。

お返しの品を買ったり送ったりするのには時間がかかるので、まずはお礼だけでも早めにしておくのが礼儀です。

お祝いの金額の半分程度のものをお返しの品として用意したら、そこにお礼状を添えます。

お祝いを頂いた時にお礼の電話をしていると、お返しが来るとは思わない方も中にはいます。

いきなり品物だけ送られてきても、なんのお返しなのか忘れてしまっている方もいます。

必ずお礼状にお祝いを頂いたときの感謝の気持ちを書いておきましょう。

お返しとして人気のあるカタログギフトでは、メッセージカードやお礼状を無料で添えることができます。

ネット上の手続きだけで出来るので、わざわざカードや封筒などを買いにいく必要はありません。

カタログギフトはあらゆるお祝いやそのお返しのギフトに対応していますし、そのサービスも充実しています。

メール便であれば送料も無料ですし、メッセージを添えるのも、お祝い用の包装も無料です。

きちんとマナーは守りたいけれど何をすれば良いかわからない、調べる時間も無いし商品を買いにいく時間も無いという方は、一度カタログギフトのホームページをのぞいて見ると良いと思います。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ 時候の贈り物(お中元・お歳暮) ギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 香典返しを贈る時期 | トップ | 自発的な気持ちの表れである... »

ギフト」カテゴリの最新記事