カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

49日法要の香典に関するマナー

2017-05-14 15:34:56 | ギフト

49日法要香典として、気をつけておきたいマナーがいくつかあります。

あくまでも香典は気持ちなので金額を決めるという訳ではないのですが、法要にどうしても参列出来ない場合は丁寧にお断りした後は5千円~1万円程度の49日法要香典をお包みして現金書留などで郵送します。

単にお金を入れるだけではなく、短くてもいいので、申し訳なく参列できない事を簡単に書いたお手紙を添えます。

又、現金ではなく当日の49日法要に届くようにお供物などを供えてもらうように手配する事も供養につながります。

マナーとしてはお花などを供える場合はとげがある花や香があまりきつい花などはさけるべきです。

供物をどれにしようか悩むようでしたら、やはり用途や予算に合わせて選べるカタログギフトの利用が便利で、品数も49日法要ならではの品物や礼状なども無料で印刷してもらえます。

カタログギフトなどは用途に合わせての品物をわかりやすく載せていますので、とても参考になり、便利です。

又、喪主の方は参列できない方へのお返しなどは49日法要後に金額の3分の1程度の物をお返しします。

カタログギフトは金額も千円程度のお返し品もあり多忙な施主にとっては非常にありがたい物です。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ 結婚引出物 ギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結婚式の引き出物を郵送・宅... | トップ | 両親や義父母への出産祝いの... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL