カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

会社の上司への結婚祝いのお返しに関するマナーやおすすめの品物

2017-05-20 17:51:44 | ギフト

会社の上司から結婚のお祝いをいただくことがあるかもしれません。

その際の結婚祝のお返しについて、知ったおきたいマナーやおススメのお返しとは何でしょうか?まず、会社の上司へのお返しに選んで喜ばれるものと言えば、お酒やちょっと贅沢なグルメ関係、日常使いできる高級文具が人気と言われています。

上司の方がお酒を好むようであれば、美味しいと評判のお酒とグラスのセットなんか良いかもしれませんね。

また、ブランド品や、職人さんがこだわって作っている文具やビジネス小物なども喜ばれる傾向にあるようです。

もちろん、これらの商品を取り扱っているカタログギフトを贈るという方法もありますね。

カタログギフトは、今や人気のお返し第一位なのですが、人によっては手抜きをして用意したと思われる可能性もありますから、その場合には添えたお礼状に”(上司)○○部長にお似合いのビジネス用品がたくさん載っているカタログを見つけましたので”など、相手のことを想定して選びました、という気持ちが伝わる一文を添えるようにすると良いでしょう。

結婚祝のお返しを渡すタイミングですが、基本的には結婚式後1か月以内、なるべく早くにお返しするのがマナー。

上司の場合は会社の同僚たちとは別にお祝いを用意してくださる方もいるでしょう。

その場合には、会社でお返しするのではなく、お礼状を添えてご自宅に郵送させていただくと良いかと思います。

他の職員の手前、一人だけ違うお返しを受け取るのも気まずいと感じることもありますし、他の職員には内緒で用意してくれていた可能性もあります。

また、会社でお渡しすると持ち帰りの際、手荷物がひとつ増えてしまうということに。

そういったことにも配慮してお返ししましょう。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ 結婚祝い ギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連名で香典を頂いた場合のお... | トップ | 両親への出産内祝いの「のし... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL