今宵も劇場でお会いしましょう!

おおるりが赤裸々に綴る脱線転覆の感想記!(舞台やライブの感想です)

映画「怒り」

2016年10月10日 17時41分29秒 | 映画

映画「怒り」 2016/09/20
【監督】李相日
【原作】吉田修一『怒り』(中央公論新社)
【音楽】坂本龍一
【出演】渡辺謙/森山未來/松山ケンイチ/綾野剛/広瀬すず/佐久本宝/ピエール瀧/三浦貴大/高畑充希/原日出子/池脇千鶴/宮崎あおい/妻夫木聡/他

「喜怒哀楽」という熟語がありますけど、人間の感情にはもっと沢山のものがありますよね。
愛とか憎しみ、恐怖や驚き、憧れや諦めとか・・・まあ色々とありますけど、人の感情にはどうしても一言(ひとこと)では言い表せないものがあります。
その「言葉では言い表せない感情」が溢れてしまい、どうしようもなく抑えきれない時、人はどうしたらよいのでしょう?
ある人はそれを音楽にし、ある人は絵を描き、ある人は詩を書いたり小説を書いたりできるかもしれない。
また、ある人は踊ったり、歌ったり、走ったり・・・そんな風にできない人は、だだ笑ったり泣いたり叫んだりするしかないのでしょうか。

この映画で私が受け取った感情は、「怒り」というよりは、もっとずっと複雑な、一言では言い尽くせない感情で、けれどもあえて一言で言うならば、「やり切れない思い」でした。
自分ではどうしようもなく、成すすべのない、「やり切れない思い」は、生きていれば誰だって経験します。
そこには、思い通りにならない他人、思い通りにならない自分、思い通りにならない人生があります。

男は、なぜ、罪も無い人を惨殺したのか? 
壁に残された「怒り」は、何に対する怒りだったのか?
そして、彼はいったい誰で、何処にいるのか・・・? 

    

沖縄、東京、千葉に現れた、得たいの知れない男たち。
今まで何処にいたのか、何をしていたのかわかりません。
三人の男達と、それぞれに関わる人々、それぞれの物語を、同時進行で交互に見れば見るほどに、誰もが怪しい気がしてきます。
時折出で来る犯人のモンタージュ写真は、見ようによっては、森山未来君にも、綾野剛君にも、松山ケンイチさん(何故にこの方だけ「さん」付け?)にも見えるから不思議です。
・・・とか思っていたら、映画で使われたモンタージュ写真は、シーンによって微妙に調整されて複数あったのだとか! すっかり、はめられた私は、モンタージュが出で来る度にまじまじと見てしまいました。
でも、モンタージュ写真はともかくとしても、男達の様子からしても、やっぱり最後のほうまでは誰が犯人かわかりませんでした。
まあ、もともと推理小説の犯人当ては苦手な私ですが、「この三人のうち、犯人のそばにいる人が、決定的に傷ついてしまうのだろう」とは予想していました。
結局は男達に関わった人々は皆傷ついてしまうのですが、私が傷ついて欲しくないと思った人までもが傷ついてしまったのが、本当にやり切れなかったです。

それにしても、この映画の役者さん達は、もうみんな凄い演技派揃いで! 脚本も良かったですが、その脚本を超えていそうな迫真の演技が皆さん素晴らしかったです。
「素晴らしかったです」と一言で言うのも、なんか芸の無い感想ですが、何ていうか、「痛い」んですよね、それぞれから伝わってくるものが。
人を信じられなくて傷いた者の心の傷は、奥深く染み込むようにじわじわと、、信じて裏切られた者の傷は、抉られたそれが踏みにじられるほどに激痛として伝わりました。
もしそれぞれの傍らにいたとしたら、慰めの言葉も見つからないと思います。 非常に衝撃的でした。

衝撃的といえば、妻夫木くんと綾野剛くんの出会うシーンも衝撃的でした。特に妻夫木くんは、この前に見た「殿、利息でござる」とのあまりの違いで! そのギャップに、見ていてオロオロ(笑)。
二人とも、役柄の幅が広い方で、この先彼らが40代50代と、どんな役者さんになっていくのか楽しみです!

広瀬すずちゃんは、・・・ああ、もう何も言うまい! この難しい役柄をを、ただただ、頑張ったね、と言いたい。
松山ケンイチさんの抑えた演技も、宮崎あおいさんの迫真の叫びも、森山未來くんの爆発するような衝動の姿も、もうどの方の演技も素晴らしくて、やり切れない痛みが伝わってきました。その中でもひと際、渡辺謙さんの静かなる存在感が半端ないです!

ところで、エンドロールを見てから知ったのですが、この映画の音楽は坂本龍一さんだったんですね。 
この映画では、三人の素性の知れない男を巡って、それぞれのシーンで海の景色が印象的ですが、そこに流れる音楽が、最初の頃にはエリック・サティのように物憂げで、最後のほうでは映画「ガタカ」に流れたマイケル・ナイマンのピアノのように切なく、物悲しいと思いました。
と、思ったら、マイケル・ナイマンや、坂本龍一さんの、特にこういった反復する音楽は「ミニマル・ミュージック」というそうで、どうやらサティもそのつながりの元にいたようです。
とても抽象的であり、心の奥底に潜りこんでくるような魅力があります。
映画自体も音楽も、しばらく胸に残りました。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【2017年観劇・ライブ・映画・その他】1/15

2016年10月09日 15時23分39秒 | 【観劇・ライブ・その他】リスト

【2017年観劇・ライブ・映画・その他】

1月映画『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』
1月「フランケンシュタイン」
1月森広隆『A Day in Dystopia TOUR』Fina
1月映画「沈黙-サイレンス-」
1月「フランケンシュタイン」

2月ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団〈小フーガト短調/組曲「展覧会の絵」他〉
2月映画「この世界の片隅に」

3月中川晃教第24回読売演劇大賞最優秀男優賞受賞祝賀会at椿山荘(FC主催)
3月森広隆mellow tones Vol.27
3月中川晃教Symphonic Night with Love
3月映画「ラ・ラ・ランド」
3月映画「三月のライオン【前編】」

4月田島貴男「弾き語りツアー2017」
4月「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」

5月スガフェススガシカオ~20年に一度のミラクルフェス~@さいたまスーパーアリーナ

6月森広隆「Present Time」 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【2016年観劇・ライブ・映画・その他】10/27

2016年10月06日 23時47分26秒 | 【観劇・ライブ・その他】リスト

【2016年観劇・ライブ・映画・その他】

1月映画「完全なるチェックメイト」
1月たいらじょう「王女メディアの物語」
1月「DNA-SHARAKU」
1月映画「信長協奏曲(のぶながコンツェルト)」

2月映画「キャロル」

3月森広隆mellow tones Vol.25 ~涙腺ユルいのでサプライズ禁止~
3月田島貴男「弾き語りツアー 2016」
3月オペラ「サロメ」
3月『decade』中川晃教スペシャルライブイベント 銀座山野楽器本店
3月神田紅「根津教会講談会」 


4月「中川晃教『decade』リリース記念 ミニライブ」タワーレコード渋谷店 
4月「グランドホテル」
4月「グランドホテル」

5月映画「ちはやふる 上の句」
5月映画「ちはやふる 下の句」
5月世田谷文学館「上橋菜穂子と〈精霊の守り人〉展」
5月中嶋朋子が誘う 音楽劇紀行
5月「殿、利息でござる」

6月森広隆『A Day in Dystopia TOUR』
6月THE SOUND OF SHIMAKEN ~66th Anniversary Concert on 6.6
6月三の丸尚蔵館→講談社野間記念館→五島美術館
6月バレエ「アラジン」
6月映画「海よりもまだ深く」
6月映画「64-ロクヨン- 前編/後編」
6月「キム・ジュンウク探し」

7月長谷川きよしライブ
7月「ジャージーボーイズ」
7月オリジナル・ラブ「25周年 アニバーサリー・ツアー」
7月「ジャージーボーイズ」
7月「ジャージーボーイズ」

8月中川晃教 デビュー15周年記念プレミアム・コンサート 
8月映画「シン・ゴジラ」
8月講談 神田紅
8月中川晃教弾き語りコンサート

9月中川晃教15th Anniversary Live I Sing~Crystal~
9月映画「怒り」
9月京都大徳寺/清明神社/三千院

10月中川晃教meets小沼ようすけ~Music is free~
10月映画「シン・ゴジラ」
10月バレエ「ザ・カブキ」
10月スガシカオLIVE TOUR 2016 「THE LAST」~ENCORE~
10月ORIGINAL LOVE LIVE DVD発売記念! 「Love Jam」先行プレミア上映会&トークショー

11月ミュージカル「マーダーバラッド」 
11月講談 劇談オペラ「トゥーランドット」

12月森広隆『A Day in Dystopia TOUR』新百合ヶ丘 
  
  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつかどこかで(68)三千院・秋季彼岸会~流れる時の中で~その四

2016年09月25日 22時23分48秒 | いつかどこかで(雑記)

キリスト教に賛美歌があるように、仏教には声明(しょうみょう)があります。
京都の三千院・宸殿にて、曼荼羅供法要に随喜(参加)して参りました。

「参拝して来ました」というよりは、宗教音楽のコンサートに行ってきたような感動がありました。
その感覚で言うならば、90分ノンストップで組曲とか、コーラスメドレーなどを聴いた感じです。
宸殿の清浄な空気に包まれながら、耳を澄ませ、体を澄ませて聴いているうちに、以前観た映画の「大いなる沈黙」で聴いた、修道士らのグレゴリオ聖歌を思い出しました。宗教は異なりますが、非常に共通するものがあると思いました。

仏教の声明は、日本の歌曲の原点なのだそうす。謡、浄瑠璃などもそうですが、現代の演歌のルーツだそうです。
日本の声楽って、発声の仕方が独特ですよね? 
僧侶達はそれほど大きく口を開けて息を吸い込んでないように見えましたが、体の奥底から出された声が、空間に響きわたり、身体の芯に染み渡るようです。
外国の声楽とは声の色も違います。
独特で微妙な抑揚やゆらぎのあるその声は、建物や人の身体に共鳴するのではなく、自然の木々や、そこに生きる魂にまで共鳴しているように感じられました。

曼荼羅供法要は、同じようなメロディーが単調に続くのかと思いきや、本当にメドレーのように次々と曲調やリズムが変わります。「組曲・曼荼羅」と言えそうです。
三千院のHPには『特に曼荼羅供法要で唱えられる声明は、「天台声明の華」と呼ばれるほど華やかな趣がある』と記されていますが、想像以上に華やかで、変化の面白さもあって、90分間を飽きることがありませんでした。

それにしても、8人の僧侶の方たちのお声の良いこと!
基本は合唱なんですけど、時どき独唱が入ります。

それでですね! もうこれは、どうしても書きたいんですけど(笑)、僧侶のお一人に群を抜いて美声の方がいらしたんです!
声明を唱える僧侶たちは皆さん良いお声ですが、その中でひとりだけ、別物のように際立って美しいお声なんですよね。これはもう発声の仕方うんぬんではなくて、生まれながらに神仏から授かった声としか思えません。
もし、その美声の方が、俗世にいたら、オペラ歌手やミュージカル歌手になっていらしたかも?? なんて、思わず想像してしまいましたけど、私はこの僧侶が三千院にいらして、世俗の愛や欲とかけ離れた場所で声明を唱えていて下さることに、心から感謝したいです。
誰に感謝?って、やはり仏さまに、でしょうか?(笑)


さて、長い声明が終わりに近づいた頃、花びらのような紙がたくさん撒かれました。
後から調べたところ、この紙は仏さまを供養するための散華(サンカ、またはサンゲ)といいます。
すべて終了した後に皆さんが拾っているので、私も二枚頂いてきました。
「普段はここまで近づいてお見せしてませんが」と言われた貴重な曼荼羅図も拝見できましたし、中学の修学旅行以来、うん十年ぶりに三千院に来ることができて本当に良かったです。できれば生きているうちに、・・・今度こそは紅葉の時期にまた訪れたいと思いました。


昨日からの長い旅行記になりましたが、読んでくださった方(が、いらしたら)、どうもありがとうございました。

  

おまけ
【声明】

【グレゴリオ聖歌】
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつかどこかで(67)清明神社・宵宮祭~流れる時の中で~その参

2016年09月25日 03時53分15秒 | いつかどこかで(雑記)

清明神社は陰陽師・安倍清明をお祀りする神社です。
秋分の日の前日は、夜の7時から「宵宮祭」があり、古式豊かな「湯立て神楽」が見られるというので行って来ました。
 
陰陽師といえば私あたりは夢枕獏さんの小説をすぐに思い出しますが、小説の他にも漫画やアニメが色々あって、安倍清明は人気のキャラですよね~!
五芒星マーク☆が境内のアチコチにあるのも何だかオシャレで、昼間には学生さんや若い女性達がたくさんお参りしていました。
秋分の日とこの前日は総じて「清明祭」と言い、私は前日の「宵宮祭」だけの参加です。
一説によりますと、「宵宮こそが祭りの本番」だそうで、神の降臨を仰ぐ祭りの中心なのだとか。

開け放たれた社務所の座敷は、まるで映画のセットの様。ここに祀られているのは、安倍清明御霊神ですね。当然のことながら。
清明さんが降臨とあらば、雨も小止みになる筈よね~!(笑)

神主さんが現れ祝詞をあげた後、御神楽が奏され巫女舞が始まります。
 
その後、巫女さんが前の庭に降り、お湯がぐらぐらと煮立つお釜の中に木の枝(榊かな?)を突っ込んで、しゃかしゃかと混ぜ、それを一気に振り上げて熱湯を撒き散らします。
無病息災を祈る湯立の熱湯を浴びると御利益があるかも? でもやっぱ熱そう~!
私はわりと前のほうにいたので、期待半分でしたが、こちらまではお湯がかかってきませんでした。 ホッとしつつ、でも、なんか残念。
 
その後は、一般参拝客による御神楽奉納です。
希望者なら誰でも奉納できます。(奉納料は千円なり)
「御神楽奉納」とは、お金を払いスポンサーになることで神様に音楽と舞を捧げるというもの。巫女舞の間、供物に捧げたお饅頭は、神様のお下がりとしてお土産に頂けます。
お饅頭は黒餡の入った、普通に美味しいお饅頭でした。
 

昼間に引いたおみくじは大吉だったし、とっても珍しい行事に参加できて楽しかったです!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加