山崎 喬

生まれは加賀の国

金沢 高山右近

2017年07月14日 10時52分36秒 | Weblog

 午後から春に連絡があった役所の立ち合いがあり、時間つぶしに金沢中央教会へ出かけた。教会は昔から知っているが、中へは入ったことがなかった。目的は戦国大名の高山右近の像、イコンとステンドグラス見学だった。ろくに調べも知らないから、イコンはなかった。あったのは外にある像とステンドグラス(画像右)だった。教会の中で熱心に祈りを捧げる男性が独りいた。耶蘇教は音楽、絵画や歴史などで充分で、日常とはかかわりがない。そうは言っても、大学時代は神父さん達とは縁があるが。高山右近については、地元地方紙の北国新聞の連載がある。本もあるが、ただで読めるのはありがたかった。右近は四半世紀以上、前田利家、前田家にかばわれたので金沢にいた。伝聞は残るが足跡は推定するものしかないが、おぼしきものがある、その一つ、加賀料理「じぶ煮」とか。キリシタン禁止令のなか、改宗せずフイリピンへ追放となり、その後は加賀藩が徳川幕府を恐れて、すべてを消し去ったからだろう。フランシスコ・ザビエルの本国、スペインがアラブ、ム-ア人の歴史を消し去ったのを思い出す。ここではアルハンブラ宮殿は残ったが。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金沢のお盆 | トップ | 金石、大野で海と醤油 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。