山崎 喬

生まれは加賀の国

有名浮世絵を見る前にヤンキ-ス逆転負け

2016年09月19日 23時30分14秒 | Weblog

 東海道53次を中心にした多量の浮世絵が展示されていた。近代絵画に多大な影響を与えたとは言え、絵画でなく摺ったものは情念までを感じにくい。雨の休日の中、なかなかの人出だった。72年に初めて訪問したル-ブル美術館を想い出した。入口で見たサモトラのニケの圧倒感は凄かった。翌年のプラ-ド美術館のゴヤも。幾度か見ても、また見たくなったものだ。今回の浮世絵はテレビや印刷物で、解説と見慣れがあるのからか、薄っぺらい感じだった。帰りに同伴者からは若冲展は凄かったとの話が出た。人出の多い美術展はゆっくり見れないから、無理して行きたくない。記憶では欧州の美術館見学は、開館早々が多い。パルテノン神殿も夜明けとともに、ホテルを出て見学した。これは美術館ではないが、人出が少なく、気分が良かった。明日はヤンンキ-スの試合はなし。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日の美術館お出かけ前に、... | トップ | 時は過ぎて、時代が変わる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。