二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

これは、犯罪と、これから多いのかも、司法解剖したら。

2017年05月11日 02時31分14秒 | ニ言瓦版
解らない事件。
殺されるのか、施設の従業員が、犯人か、それとも、やめた職員の犯人か。

ありえないことだ。


「奈良県上牧町(かんまきちょう)の介護老人保健施設で入所者の女性が変死体で見つかった事件で、この女性が首を絞められて死んでいたことがわかりました。警察では殺人事件とみて捜査を進めています。

 この事件では、きょう午前3時20分ごろ、介護老人保健施設・こころ上牧に入所していた森本ミツヱさん(97)がベッドから転落した状態で死亡しているのが見つかりました。警察では遺体を司法解剖し死因を調べていましたが、その結果、森本さんの死因は首を絞められたことによる窒息死とわかりました。警察では殺人事件とみて捜査を始めました。森本さんは施設の職員が午前1時頃に見回ったときにはベッドの上にいたといいます。」




何か、以前の合った、違うところで、その病院か、施設に入ると、人が、死んでいく。
数ヶ月で、数人が此の世から消える。

それも、すべては、管理というより、職員、退職した職員か、医者か。
死亡しても、解らないで、普通の死として、警察は、判断する前に、医者が、判断するのかもしれない。
解剖か、死因の調査が、本当に必要の時代。
老人が施設か、病院で死ぬときは、医者の判断より、警察の司法解剖が、本当に必要なことかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 必要なこと。 | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。