二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

超えるか。

2016年10月18日 06時51分47秒 | ニ言瓦版
 どこので、行くか。
興業収入。



「大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」(監督新海誠)が興行収入150億円を突破した。東宝が17日、発表した。

 8月26日に公開され、今月16日までの52日間で興収154億1400万円、動員1184万人を突破。150億円超えは、邦画では宮崎駿監督(75)のアニメ「崖の上のポニョ」以来、8年ぶりとなる。「崖の上のポニョ」は興収155億円で、邦画歴代5位。「君の名は。」はこれを上回り、トップ5入りするのは確実。洋画を合わせた歴代ランキングでも、9位「アバター」(09年)の156億円を超えてトップ10入りが確実視されている。

 大ヒットを受けてスクリーン数を当初の全国301から343に拡大して公開中で、邦画では「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「もののけ姫」とスタジオジブリが独占してきたトップ3に食い込む可能性も出てきた。

 公開から8週連続で週末観客動員数(興行通信社調べ)で首位を獲得。映画の舞台やモデルとされる場所には“聖地巡礼”と称して多くのファンが訪れるなど社会現象化している。

 東宝の業績にも大貢献。同社はこの日、2017年2月期連結決算の業績予想を上方修正し、純利益が前期比27・7%増の330億円と過去最高になると発表。「シン・ゴジラ」のヒットもあり、13・7%の減益としていた従来予想から一転して増益となる。

◇歴代映画の興行収入ランキング◇
順 作品名     (公開年) 興行収入 
1 千と千尋の神隠し (2001)308億円
2 タイタニック (1997)262億円
3 アナと雪の女王 (2014)255億円
4 ハリー・ポッターと賢者の石 (2001)203億円
5 ハウルの動く城 (2004)196億円
6 もののけ姫 (1997)193億円
7 踊る大捜査線THE MOVIE2レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年)173.5億円
8 ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2002)173億円
9 アバター (2009)156億円
10崖の上のポニョ (2008)155億円
11君の名は。(2016)154.1億円」


ポニョ超えたか。
千と千尋まで行くか、面白い。

でも、一番、金のかからない映画かもしれない。
映画は、経費からすると、一番儲かるのかもしれない。
アニメの興業収入は、今まで、一番、利益がある、「君の名は」かもしけない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見たかった | トップ | なんとか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。