二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

廃止がいい。

2016年10月12日 01時51分39秒 | ニ言瓦版
ミス大学は、廃止がいい。
アナになるために、あるようなミス大学。
考えると、本当に美人ならば、ミスコンにでればいい。
それより、角落ちで、そこそこ、美人で、頭もないというのが、
ミス大学。

考えると、ミス大学で、見ていると酷い人がいまだいる。
美人ではなく、知恵もない。
常識もない。




「来年以降も行われるかは不明で、このまま消滅する可能性も出てきた。

「中止になった理由は、9月2日にミスコンを主催する『広告学研究会』が、懇親会で未成年学生に飲酒をさせたためです。以前にも、研究会のメンバーが最寄り駅の東急東横線の日吉駅の構内を、酔って全裸で走る事件があった。事態を重く見た大学がミスコンを中止させました」(慶応大学関係者)

ミス慶応の肩書きは、テレビ局への就職、特にアナウンサーになるにはかなり有利とされている。

「昔は、ミス慶応が女子アナになるための最高の肩書きだとされていましたが、近年はかつてほど重宝されていません。テレビ局所属の女子アナで、元ミス慶応として有名なのはテレビ朝日の竹内由恵アナ(30)ぐらいです。レベルの低下が著しく、勝ち残れない状況になっています」(女子アナライター)

そんな折に、フジテレビへ昨年入社した、2012年度のミス慶応である小澤陽子アナ(25)が、フジテレビを代表する番組である『めざましテレビ』を9月30日付で降板した。

「めざましテレビは若手女子アナの登竜門になっている番組であり、そこで脱落したら将来は望めない。小澤アナはかわいそうですが、出世の道から外れたのです。番組に残ったのは『ミス早稲田(早稲田コレクション)』出身の宮司愛海アナ(25)です。小澤アナは入ったときから宮司アナに比べて見劣りしていました」(同)

民放テレビ局の女子アナはルックス、雰囲気が最重視される。」


いろいろなミス大学は、ミスコンでは、予選落ちが、現実。
それでなくても、美人も、最近は、変わっていくものだ。

『広告学研究会』は、酷いクラブだ、今に、企業に入るも、使えないで、
悪いことする組織になっていく。

結局、ミス大学は、支援する、企業か゜いるのかもしれない。
広告で儲けているのが現実。

結局、踊らされているのは、出場する女性、本当に美人と、思うならば、
美人の大会に出て、勝こと。
そのために、頭の教育と、常識、ニュースの解説、意見ぐらい、ないと、
使えない、女子になる
===========

調べた。

ミスコンの経験者。

「日本の5大ミスコンテスト出場者[編集]
山本富士子 第1回ミス日本グランプリ→女優(ミスコンではないが、2000年と2002年には沼津市観光キャンペーン隊「燦々ぬまづ大使」選出もある)
西川史子 第28回ミス日本フォトジェニック→医師、タレント、女優
伊比恵子 ミス日本グランプリ→映画監督。第71回米国アカデミー賞短編ドキュメンタリー映画賞受賞
藤原紀香 ミス日本グランプリ→女優
叶美香 ミス日本グランプリ→タレント
佐野美和 ミス日本ファイナリスト→八王子市市議会議員→政治ジャーナリスト・タレント
相沢礼子 ミス日本グランプリ→キャスター、タレント
嵯峨百合子(さがゆりこ) ミス日本グランプリ→タレント、女優、フラワーアレンジャー 現在の芸名はひらがな名義
友利新 準ミス日本→女医、放送コメンテーター
萩美香 ミス日本グランプリ→女優、タレント(みえの国観光大使)
谷中麻里衣 ミス日本グランプリ→キャスター、タレント
新井寿枝 ミス日本・ミス着物→モデル・画家(「アートメッセンジャー」)
新井貴子 ミス日本グランプリ→モデル・アルティメット選手
新井寿枝・貴子は「実姉妹」。
渡辺けあき ミス日本・海の日→プロボウラー・モデル
萬田久子 ミス・ユニバース日本代表→女優
織作峰子 ミス・ユニバース日本代表→写真家
志岐幸子 ミス・ユニバース日本代表→スポーツキャスター→感性工学学者・関西大学准教授
町本絵里 ミス・ユニバース日本代表→モデル、タレント、歌手、女優
知花くらら ミス・ユニバース日本代表→モデル、タレント
森理世 ミス・ユニバース日本代表。2007年度世界大会でミスユニバースに選ばれる。振付師・ダンサー・モデル
宮坂絵美里(REIRA) ミス・ユニバース日本代表→モデル・女優・タレント。(ミスユニバース日本代表に選ばれたことをきっかけに本名名義での活動を強化しており、現在は苗字を外した「絵美里」名義で活動)
板井麻衣子 ミス・ユニバース日本代表→モデル・タレント(出場時は大分市役所の地方公務員。ファイナリストに選ばれた後タレント活動へ転向している)
宮本エリアナ ミス・ユニバース日本代表として初めて、黒人系外人と日本人の「ハーフ」
白田久子 ミス・インターナショナル日本代表→女優
杉山恭子(KYOCO) ミス・インターナショナル日本代表→モデル(出場当時はタレント)
金ヶ江悦子 ミス・インターナショナル日本代表→タレント、インストラクター
吉松育美 ミス・インターナショナル日本代表。2012年度世界大会でミス・インターナショナルに選ばれる。モデル。
沼田さくら ミス・ワールド日本代表ファイナリスト→モデル(元バレーボール選手)
渡辺志穂 ミス・エアジャパン(ミス・アースの準ミスの一つ。準ミスの最高位<2位>に当たる賞)→タレント・モデル(元AKB48)
永田怜奈(永田レイナ) ミス・アース日本代表。モデル、スポーツコメンテーター。
高野人母美(TOMOMI) プロボクサー・モデル。「第4回アジアスーパーモデルコンテスト」上位やミス・アースジャパンファイナリストなどを経験。
その他(ご当地ミスなど)[編集]
室井佑月 ミス栃木・ミス公園通り→レースクイーンなどを経て作家・テレビコメンテーター
東里 第25代ミス熱海梅の女王(並行して女優・タレント・モデルとして活躍)
山路ふみ子 ミス神戸→女優→実業家→社会事業家
平野啓子 ミス東京→NHK専属契約アナウンサー→語り部(1995年・1997年・2004年の3回「燦々ぬまづ大使」に選出)
浅田舞 フィギュアスケート選手・スポーツコメンテーター。フィギュア選手として活動しつつ2005年「国際モードルオーディションORIBE」第2回グランプリ
白石さおり タレント、オーディション研究家。アイドル時代より54ものミスコンテスト優勝・入賞や観光大使受賞歴を誇る「ミスコン女王」
桝渕祥与 - 2012年度ミス鎌倉→フードファイター・タレント」


今の芸能界の一部のタレントがいるものだ。
本当に美人ならば、五大ミスコンに出ることだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そうだろうな、 | トップ | 自分で、作り出すしか。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。