二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

残念

2017年06月15日 23時40分26秒 | ニ言瓦版
名優、いい、アナ、女優。
寂しいことだ。
母親役、いろいろな名演技。
生きていると、見られたものだ。
残念。




「数多くのドラマや映画に出演し、存在感のある母親役などで人気を集めた女優の野際陽子さんが、13日、がんのため亡くなりました。81歳でした。
野際さんは富山市出身で、大学を卒業後、NHKのアナウンサーを経て昭和38年に女優としてデビューしました。

昭和43年から放送された民放のアクションドラマに出演し、流行の最先端のファッションや、大男をねじ伏せる派手な格闘シーンで人気を集めました。

また、平成4年に放送された民放のドラマでは、佐野史郎さんが演じる息子を溺愛する母親の役で鬼気迫る演技を見せ、「冬彦さん」という流行語も生み出しました。

さらにNHKの大河ドラマ「秀吉」や「新選組!」にも出演したほか、連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」ではヒロインの祖母の役を演じるとともに、ナレーションも担当しました。

関係者によりますと、野際さんは3年前に肺せんがんが見つかり、手術や抗がん剤治療を行いながら仕事を続けていたということで、去年はNHKのドラマ「コントレール~罪と恋~」に出演したほか、ことしも4月にスタートした民放のドラマに出演していました。

先月から東京都内の病院に入院し、13日の朝、親族にみとられながら亡くなったということです。
佐野史郎さん「作品の中ではまだ生きてる」
民放のドラマで共演し、野際さん演じる母親の息子役「冬彦」を演じた俳優の佐野史郎さんが、自身のブログに心情をつづりました。

この中で佐野さんは、「野際陽子さんの訃報が届く。野際さん・・・ていうか、野際ママ。第二のお母さん。四半世紀前・・・いや、もうちょっと前にドラマで共演させていただいてから、何本もの思い出いっぱいの作品でご一緒させていただいた。プライベートでも、かつてのドラマの共演者たちとたまには食事した。こないだ会ったばかりな気がするのに。辛いそぶりなんかカケラも見せず・・・。なんだか実感がない」と今の心情を記しています。

そのうえで、「野際ママ・・・身体はなくなっても、作品の中ではまだ生きてるよ。そういや、ドラマの中とはいえ、人生で最後にキスしたのが僕でゴメンなさい。野際陽子さん、本当にありがとうございました。安らかにお眠りください」とコメントしています。
石坂浩二さん「言葉にならない」
現在、放送中の民放のドラマで共演した石坂浩二さんは、「撮影の途中で体調を崩され、撮影を早く撮り終え、1日も早く元気になられてお目にかかれると思っていましたが、とても残念です。今は何も言葉になりません。ご冥福をお祈りいたします」というコメントを出しました。
松下奈緒さん「本当にさみしい」
NHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で野際さんと共演した松下奈緒さんは「スタジオ撮影が始まって間もない頃で、緊張する私にいつも笑顔でいろんなお話をしてくださり、私の緊張をほぐして下さいました。いつもやさしい野際さんとまた、ご一緒させて頂きたかったです。本当にさみしいです」とコメントしています。
仲間由紀恵さん「ただただ驚き」
野際さんとドラマの親子役で共演した仲間由紀恵さんは「母娘として14年間ご一緒させて頂いた野際さん、最近もドラマで元気にお芝居されている姿を拝見していたので、突然の訃報に、ただただ驚き、悲しい気持ちで胸がいっぱいです。残念でなりません…」とコメントしています。」



ご冥福を祈ります。

いろいろな、名演技も、ドラマの再放送みたいものだ。


年齢からすると、そうなのか。
それとも、もう十年は、生きたかもしれない。
いい、老婆の役か、意地悪婆さんか、気品のある、役。

考えると、脇役、老婆、経営者の親とか、必要な親の役、そういう、演技者が、
消えていく。

気品、賓格のある演技は、だんだん、女優、俳優は、消えていくことかもしれない。

町の老婆役は、誰でも出来るのが。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 101か。 | トップ | 考えさせられる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。