二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

勝手な試合と、感想。

2017年07月31日 03時11分12秒 | ニ言瓦版
早実の敗北の原因は、守備と、打てない。
清宮選手は、酷い。
そして、試合運びが、酷い。
清宮選手の打順の前に、走者が、ない。
それが、一番の敗因。
一番、二番は、いいが、
三番の清宮選手では、勿体無いことだ。なぜ、四番打者してないのか。





「夏の全国高校野球西東京大会は30日、神宮球場で決勝が行われ、高校野球で注目のバッター、清宮幸太郎選手がキャプテンを務める早稲田実業高校が東海大菅生高校に2対6で敗れ、2年ぶりの夏の甲子園出場はなりませんでした。この試合、清宮選手はヒット1本を打ちましたがホームランはなく、高校通算のホームラン数は107本のままで、これまで最多とされている本数を更新することはできませんでした。
早稲田実業と東海大菅生の決勝が行われた神宮球場には、3万人の観客が訪れ、チケットが完売し、開門も予定の午前9時から2時間以上早められました。

準決勝でホームランを打って高校通算最多とされる107本に並んだ清宮選手は、3番・ファーストで先発出場しました。

清宮選手は、1回の第1打席はファーストゴロ、4回の第2打席はフォアボール、6回の第3打席はキャッチャーへのファールフライとノーヒットに抑えられました。

そして、早稲田実業が2対4と追う8回の第4打席でライト前にヒットを打ちチャンスを作りましたが、続く4番の野村大樹選手がダブルプレーに倒れ、得点にはつながりませんでした。

試合は早稲田実業が2対6で敗れ、2年ぶりの夏の甲子園出場はなりませんでした。

清宮選手は、この試合、3打数1安打、フォアボール1つの成績で、ホームランはなく、高校通算のホームラン数は107本のままで、これまで最多とされている本数を更新することはできませんでした。
清宮選手「準優勝だったが、日本一のチーム」
2年ぶりの夏の甲子園出場を逃した早稲田実業の清宮幸太郎選手は、「去年の夏に負けてからキャプテンになって、チームのみんなは文句も言わず、よく応えてくれた。準優勝だったが、日本一のチームだと思う。自分自身が注目を集めてきたことはうれしかったし、成長させてもらった」と涙ながらに話しました。

そして、「準優勝で終わったことは『これで終わりじゃない。まだ次があるんだぞ』と神さまに言ってもらっていると思ってやっていきたい」と話していました。

また、この試合3打数1安打、フォアボール1つという、自身のバッティングについて「ランナーがいなくても集中して打席に立てていた。8回のヒットは自分の形で打てたかなと思う」と振り返り、ホームランについては、あまり話しませんでした。」



ノーアウト満塁のチャンスが、合った、早実、そこで、点が取れないのか、一番の失敗。

野球は、戦略と、確実に点、取るところが、生き残る。
投手も、急増の投手、数ヶ月前は、捕手だったのが、投手。
よく、変化球を投げているものだ。
落ちるボールでも、あれば、まだ、変化の力で、使えた。

人は、人生は、人選で、決まる運かもしれない。
肩の力のある選手が、投手が、本来。
そして、外野、捕手、内野でも、ショート、セカンドで、遠投のできる選手が、
本当に必要なことだ。

野球は、速い球を投げれる人は、外野手、捕手でなく、投手が、本当だろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そこで、見れるのか。 | トップ | 知らなかった。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。