二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

育成が問われる

2017年06月20日 02時10分14秒 | ニ言瓦版
人生は、会話、自分の話で、墓穴を掘るのかも。




「女優、遠野なぎこが19日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・0)に生出演。17日に行われた「第9回AKB48選抜総選挙」後にインスタグラムを使って配信したライブ動画で、総選挙のスピーチで結婚を発表したNMB48の須藤凛々花(20)を批判した、元AKB48の大島優子(28)について言及した。

 「ちょっと彼女を見る目が変わってしまいました。思いはわかるんですよ、そりゃ怒りもあるだろうし残念だな、仲間として。恐怖心しか感じない。ホラーですよ」

 大島はライブ動画の最後に「総じて言いたいのはこういうことだと思うの。この帽子がきっと私の全ての言葉だと思うの」と、被っている帽子を画面に映し出した。帽子には「F」で始まる4文字が記されていた。

 遠野はこの行動について、「ちょっと普通の女性がやることですか、あんな品のないこと。元アイドルなわけでしょ、彼女だって。それはやっていいことかな。すごく腹立たしい気持ちになった。それこそ大人なんだから、責任をもってもらいたい」と非難した。」



結婚するも、いいが、引退して、結婚するのが理想だろう。
舞台で、結婚するも、それは、ないだろう。
将来は、二度と、舞台に立てない行為かもしれない。

客の前ではないから、起きたことが、話内容が、ないから、
軽率な言葉で、話題とり、終わるのか。

人は、最後は、言葉で、苦労する。
その言葉で、生死に影響するのかもしれない。
人から、恨まれる、憎まれる、イジメられるも、言葉、態度。

一つの教訓かもしれない。
人の選考と、選考した、育成。

akbも、大学のように、育成して、卒業したとき、女優、歌手、演出家、脚本家を育てる、
専門大学が、専門の組織、作ることがしれない。

軽率な人材も、育成するは、まともになる。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんな結論になるか。 | トップ | 大変だな。事件と、放映。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。