二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

考えると、昭和、時代に戻るのかも。

2017年04月22日 03時08分59秒 | ニ言瓦版
昔の昭和の時代、大正時代、明治時代に戻るのかもしれない。
物流は、鉄道で、する次第。



「岐阜県大垣市に本社のある西濃運輸は、トラックの定期便のうち、片道800キロを超える長距離便の半数を鉄道輸送に切り替え、長距離便の運転手の数を減らし、ほかのトラック輸送に振り分けるなどして効率化を進めることになりました。
西濃運輸ではトラックの定期便を1日におよそ3700便運行していて、このうち、片道800キロを超える長距離便が145便あります。

鉄道輸送に切り替えるのは、この長距離便のうち、鉄道に替えても輸送時間が従来と変わらないおよそ80便が対象で、まず、来月から東京と福岡の間で始めることにしています。
輸送方法は、コンテナ対応のトラックで東京都内から大阪府内にある西濃運輸の拠点まで運んだあと、JR貨物の貨物ターミナル駅で鉄道に積み替え、福岡まで運びます。

西濃運輸は国内の主な都市を結ぶトラックの定期便で、およそ2100人の運転手を抱えていますが、鉄道輸送に切り替えることで150人程度をほかのトラック輸送に振り分けることができると見込んでいます。

西濃運輸は「今後、トラック運転手の人手不足も心配される中、鉄道輸送を活用することで、業務全体の効率化を図りたい」としています。」



考えると、運転手不足というが、鉄道の利用が、必要なこと。
これで、駅に、客が、品を取りに行くと、昔の状態。


自宅にいない、入れないが、駅には、行けると、
駅で、品物、貰い、自宅に帰る。

昔の思考になる。

結局、鉄道会社の物量の失敗が、鉄道会社の物流の赤字、鉄道の赤字になった。

距離のかかる、品物は、それは、それも、大量の日々の物量は、
鉄道。


考えると、築地市場の原点かもしれない。
鉄道で、翌日、築地市場というのが、昭和の時代。

豊洲市場は、トラックの維持も大変なこと。


日々の物量は、鉄道の線で、荷物は、翌朝というのが、いいのかもしれない。

トラックの運転手は、高齢化と、なり手のないことかもしれない。

考える、ガソリン、石油、物流でも、企業と、企業の物流が、
必要なことだ、鉄道。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不思議。何か、裏にあるのか... | トップ | 考えると、最後は、趣味思考で、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。