二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

勿体ないことだ。

2017年05月06日 02時12分32秒 | ニ言瓦版
くだらない、記事。
何が、婚活か。
売れなくなった漫才ではないか。

いい結婚も、富も、最後は、仕事の成果。
女性も、男も、金が問われる。



「婚活のためテレビ出演をセーブしているお笑いコンビ・アジアンの隅田美保。今年1月には相方の馬場園梓から「年上の医者と出会った」と近況報告があったがすでに破局。新たなる出会いを求めて婚活中だという。しかし、一方でこんな“破局”の噂も。

「実は、隅田と馬場園の信頼関係が壊れたまま、どうにも修復できないところまできてしまっているのだとか。一部では隅田にとって馬場園は“フレネミー”ではないかと言われているそうです。フレネミーとは『友達』の意味を持つ『フレンド』と『敵』の意味を持つ『エネミー』を合体させた造語で、直訳すると『友人を装った敵』。かねてより馬場園は隅田を『ブス』と言っていじってきましたが、これが隅田のストレスになっていたことは確か。2年ほど前から、馬場園が何を言っても隅田は不信感を抱くようになっているそうです。解散しないことを前提にすると、隅田ができることはできるだけ馬場園との接触を避けることしかない。テレビ出演を避けているのは、ネタ以外の素の部分まで取り上げられると、2人のピリピリしたムードがバレてしまうからだと聞いています」(芸能ライター)

 現在は劇場出演のギャラとカフェでのバイトで生活しているという隅田に、春は訪れるのか。」





勿体ないことだ。
売れる時期は、一時、その時期に、婚活とか、仕事しないで、遊んでいて、何が、芸。
芸能界のチャンスは、事務所のお蔭では、これから、維持できない。


人は、軽率なことで、破滅するものだ。
太っている女性の人気と、そして、演技が、問われる時代。
芸は、必要な時に、出てくるのは、皆無である。

売れなくなると、結婚か、それが現実か。
売れもないで、芸のない。

「お笑いコンビ・アジアン」勿体ないことだ。
また、新しい、新人が出てくる。
期待は、漫才の枠に、新しい漫才師が出てくることが、期待。

いろいろな芸能人が、死んでいる、その空いた、枠に、入るのが、
若手、新人、売れるようになった、漫才かもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見ないだろうな。 | トップ | 今後、時代は、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。