二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

大変だな。

2017年07月17日 03時08分56秒 | ニ言瓦版
東京新聞の記事は、いい。
いろいろ、大変なのかもしれない。
棋士で、中学生は。





「最年少の将棋プロ棋士として活躍する中学三年の藤井聡太四段(14)=愛知県瀬戸市。連勝記録が止まったとはいえ、棋界を席巻する新星が注目される中、史上三人目の中学生棋士としてデビューした羽生(はぶ)善治三冠(46)が本紙の取材に応じた。タイトル獲得通算九十八期の大先輩は、学生棋士として奮闘した実体験を踏まえつつ、藤井四段への周囲の支援の大切さを訴える。 (岡村淳司)
 羽生三冠は一九八五年十二月、中学三年でプロに。当時はプロ合格と同時に、将棋に専念する棋士ばかり。だが「将棋界は独立していて他の世界を知ることができない。幅広く知識を広げたい」と、東京都立富士森高=八王子市=に進学。「何としても卒業し、大学にも進むつもりだった」
 活躍するにつれ、授業のある平日に多くの対局が組まれた。ピーク時には月に十日も。関西で深夜まで対局に臨み、始発の新幹線に乗って学校に通った。「着いた時にはへろへろ。本当に、席に座っているだけ」。それでも三年間、通い続け、学校行事もできる限り参加。「修学旅行は東北の八幡平に行って初めてスキーを覚えた。今でも同級生とは多少のつながりがある」という。
 両立は難しく、単位不足で卒業できなかった。自分で調べて通信制のカリキュラムを見つけ、編入して不足分の単位を取得。「十一歳で入門し、よく分からないまま棋士になった。『この道を選んだ』という瞬間や、誰かに進路を相談した経験がなかった。高校で同級生が進路に悩んでいるのを見て、うらやましいとさえ思った」。高校生活のおかげで、自身を客観視できるようになった。
 中卒で将棋に専念するか、高校進学か。「いま、どちらが良かったかは分からない」と振り返るが、決断に後悔はない。「棋士の道のりは長い。どう役立つか分からないけれど、将棋以外の経験をしておいてよかった」と実感している。
 藤井四段はプロ入りを想定し、高校受験のない中高一貫校を選んだ。今後、羽生三冠のように学業との両立で悩むこともありそうだ。羽生三冠は「当時に比べ、未成年の生活や仕事に厳しい目が向けられる時代。悩ましい面があるのでは」と推察する。藤井四段の今後について「しっかりしているので、淡々と着実に成長していくと思う。本人より、私も含めた棋界全体が支援してゆくことや、応援する環境づくりが非常に大切」と訴える。
 中学生棋士への注目度は、羽生三冠の当時とは段違い。「特殊な状況。『こう対応したらいい』というセオリーがなく大変だが、その分、実力を伸ばすチャンスも来るはず。生かしてほしい」とエールを送る。
 羽生三冠の棋士人生は三十年を超えた。「モチベーションに波があったが、割り切ってやってきた」。藤井四段ら有望な若手や、常識を覆す人工知能(AI)の登場で、将棋への情熱が再燃している。「藤井さんの活躍を見ると、すごく刺激を受ける。非常に良い影響を与えてもらっている。最近、将棋以外の仕事が多かったが、しばらく将棋に集中したい」」



大変なことだ。
いろいろ、育成するのは、いいが、
プロになったとき、大変なことだ。
学生でも、中学、高校は。

長い時間の戦いは、それは、学校にいくも大変。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怖いことだ。関係、ある無し... | トップ | 今こそ、選び方職 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。