二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

戦するしかない。

2017年02月22日 02時35分09秒 | ニ言瓦版
テレビは、こればかり。
いつから、朝鮮人の国になったのか。
暗殺とか、空港で、殺害も、治安の問題。
マレーシアの飛行場は、警備が問題と、怠慢。
マレーシアも、考えることだ、北朝鮮と外交は、閉鎖が普通。




「北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシアの保健当局は、遺体が安置されている病院に、息子のハンソル氏は、いまだに姿を現していないことを明らかにした。
保健当局は「われわれは親族の確認を待っている。現時点で、誰からも連絡はない」と話した。
マレーシアの保健当局者は21日午後、正男氏の遺体が安置されている国立病院で、事件後初めて会見し、正男氏の息子・ハンソル氏がすでに病院を訪れたとの一部報道を否定した。
そのうえで、身元確認のため、親族に名乗り出るよう呼びかけた。
保健当局者は、死因や使われた毒物について、「専門の機関に検体を提供し、分析結果を待っている」と述べ、まだ結論が出ていないとした一方で、遺体に針で刺されたような痕や目立った外傷はないことを明らかにした。
一方、北朝鮮の大使が死因は心臓発作だとして、司法解剖の必要はないと主張したことについて、当局者は、「心臓発作の証拠はない」と明言した。
この事件をめぐっては、北朝鮮駐在のマレーシア大使が召還されるなど、北朝鮮とマレーシア両国が鋭く対立している。」



国もいろいろあるが、北朝鮮は、今に、内乱で、変わるのが時間の問題。
昔と違い、将軍の親族の戦いは、一族の崩壊。
消える一族が、歴史は、語る。

歴史は、中国の傀儡政権が、朝鮮半島の歴史。
結局、新しい、一族か、民主化にする将軍を両立することが、
一番の対策。

その前に、軍事活動があるのだろう。内乱と、
本当の経済の閉鎖が、必要。

アフリカの国々の内乱と、北朝鮮の権力一族争うは、
同じように、人間の権力意欲の維持の戦い。


一族、排除と、傀儡政治でも、民主化することしかない。
アメリカの怠慢と、中国の隠れ支援が、このような事件、跡目争いの顛末。
ヤクザの跡目争いと、変わらない戦い。
完全に北朝鮮、一年間、経済閉鎖と、アメリカ軍の総攻撃して、それをようにする、
中国、ロシアというのが、現実になるのだろう。

それか、中国軍が、北朝鮮に平定して、一族の刑務所と、
中国の傀儡政権にすることだろう。


いまに、北朝鮮の工作員が、世界で、内乱するのは、目に見えている。
マレーシアの空港で、簡単に、人を殺すのだ。
銃でなく、毒殺。
これは、世界は、脅威と、国は、排除する国の筆頭である。

世界の要人は、空港で、殺されることが、これから、起きることかもしれない。
民間の人も、この手に口と、怖いことだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありそうなこと | トップ | 考えると、良い企業に入ると »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。