二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

今後、時代は、

2017年05月06日 02時23分21秒 | ニ言瓦版
見れなかったのは、残念。
でも、同級生は、知らなかったこと。



「元SMAPの木村拓哉(44)が、マツコ・デラックス(44)から妻で歌手の工藤静香(47)ネタでイジられてツッコむという珍しい一幕があった。

 木村は4日深夜放送のテレビ朝日系「夜の巷を徘徊する」に、前週に引き続き出演。高校の同級生だったマツコと夜桜を見るため浅草寺に移動中、高校時代の思い出話に花を咲かせた。

 浅草寺では、マツコが最近老眼が始まったという話題に。木村も「それは、いろいろ始まるって。俺もちょい来たかな。携帯電話って明るいじゃん。ずっと暗いところにいてパッとつけた時に、まずフォーカス合わなくなって」と同世代ならではの悩みを打ち明けるなど、親しげにトークを繰り広げた。

 またマツコは、自身の番組を細かくチェックしている木村に「好きでしょ、あたしのこと。ちょっと気になってない?」と追及。木村から「だから嫌いじゃないって。気にはなってるよ」という返事を受け、「うーわ、ちょっとゴメンね」と、工藤の名前は出さなかったものの、工藤が楽曲「嵐の素顔」で見せる振り付けを披露し、木村から「バカか! やめろその手!」とツッコまれた。」



考えると、同級生は、会話も、違うのかもしれない。
同窓会とか、いろいろ、有る人は、忠告と、批判より、いろいろ、話で、解りあうことが、あるものだ。

でも、今後、二人は、どんな風に、芸の磨くか。

何か、マツコ・デラックス氏のが、才能が、ある気がする。
問題は、体重だろう。
オペラ歌手で、太りすぎて、死んだ人。体重の太り過ぎで、死んでいくか、
晩年の苦労は、才能より、体。


木村拓哉氏は、主役から、脇役、助演の旨さが問われる。
これから、主役になる時代ではない、44才は。


でも、思う、年上の奥さん、47才は、知らなかった。
晩年は、大変なことだろう。

今後、事務所ても、開き、新しい、新人、作るか、育成する組織でも、作れば、いいのだ。
世界で、成功する、俳優、グループ、作るのは、大切な育成かもしれない。

44才は、これから、経営者の時代、企画する時代だろう。
いい脚本家でも、育てるも、必要ことかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勿体ないことだ。 | トップ | 対策は、なかったのかと問わ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。