二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

今後アメリカ次第

2017年05月06日 03時20分01秒 | ニ言瓦版
グーグルのニュースは、いい。
ロイターのニュースも見れる。
アメリカの雇用が、世界経済に影響しているのは、現実。
どうか。



「 米労働省が発表した4月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が21万1000人増加し、伸びは市場予想の18万5000人増を上回るとともに、前月の7万9000人増から大幅に加速した。失業率も約10年ぶりの水準となる4.4%に低下、労働市場の引き締まりがあらためて浮き彫りとなった。賃金の伸びはやや伸び悩んだものの、米連邦準備理事会(FRB)による来月の利上げを後押ししそうだ。

市場関係者のコメントは以下の通り。

●年内2回の利上げとバランスシート縮小開始の見通し=フェデレーテッド

<フェデレーテッド・インベスターズの首席株式ストラテジスト、フィル・オーランド氏>

3月は天候要因などによって9万8000人増(改定前)となったこともあり、4月は20万人近辺の伸びが期待されていた。第1・四半期国内総生産(GDP)の低調な伸び率と同様、3月の低調な雇用の伸びが米連邦準備理事会(FRB)の軌道修正につながるとは思わない。

FRBが6もしくは7月、そして9もしくは10月の年内あと2回の利上げを実施し、12月にバランスシートの縮小に着手すると見込む。

経済は良好に推移している。ただ、3月の雇用者数の伸びが7万9000人増に下方改定されたことは悪要因だ。GDPの伸びを3%近辺もしくはそれ以上に押し上げるような何らかの「トランプノコミクス」が年内に実現することを望む。

●年内2回の利上げとバランスシート縮小開始の見通し=フェデレーテッド
米労働省が発表した4月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が21万1000人増加し、伸びは市場予想の18万5000人増を上回るとともに、前月の7万9000人増から大幅に加速した。失業率も約10年ぶりの水準となる4.4%に低下、労働市場の引き締まりがあらためて浮き彫りとなった。賃金の伸びはやや伸び悩んだものの、米連邦準備理事会(FRB)による来月の利上げを後押ししそうだ。

市場関係者のコメントは以下の通り。

●年内2回の利上げとバランスシート縮小開始の見通し=フェデレーテッド

<フェデレーテッド・インベスターズの首席株式ストラテジスト、フィル・オーランド氏>

3月は天候要因などによって9万8000人増(改定前)となったこともあり、4月は20万人近辺の伸びが期待されていた。第1・四半期国内総生産(GDP)の低調な伸び率と同様、3月の低調な雇用の伸びが米連邦準備理事会(FRB)の軌道修正につながるとは思わない。

FRBが6もしくは7月、そして9もしくは10月の年内あと2回の利上げを実施し、12月にバランスシートの縮小に着手すると見込む。

経済は良好に推移している。ただ、3月の雇用者数の伸びが7万9000人増に下方改定されたことは悪要因だ。GDPの伸びを3%近辺もしくはそれ以上に押し上げるような何らかの「トランプノコミクス」が年内に実現することを望む。
米連邦準備理事会(FRB)は今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で第1・四半期の景気減速は重視しない考えを示した。今回の統計は雇用市場が引き続き力強いことを裏付けており、FRBの軌道に変更はない。

●賃金の伸び、今後半年で前年比3%増となる見通し=Wファーゴ

<ウェルズ・ファーゴ・インベストメント・インスティトュートのシニアグローバル株式ストラテジスト、スコット・ウレン氏>

非農業部門雇用者数は良好な数字で、状況は改善しつつある。時間当たり賃金は前年同月比2.5%増にとどまったが、単月の数字に過ぎず、今後半年で3%の伸びに達すると予想する。失業率およびU6失業率の低下は理にかなっており、労働市場の引き締まりがついに始まったと言える。

賃金圧力は今後、株価や賃金、マージンへの向かい風となるだろうが、価格決定力はさほど存在しておらず、労働市場の改善継続を示すさらなる確証と言える。消費者信頼感は高水準で推移しており、いずれ消費支出の拡大につながるだろう。

●利上げは6月と9月の年内2回=ウエスタン

<ウエスタン・アセット・マネジメントのシニアエコノミスト、マイク・バズダリッチ氏>

下方修正はわずかなものだった。3月の軟調は周知のことで、4月は回復した。ただ全般的に2カ月の平均はまだ本調子ではなく、米経済は完全雇用を達成し、今後は成長は加速するとの見方との間にかい離があるのは否めない。

米連邦準備理事会(FRB)は年内はあと2回の利上げを実施すると見ている。FRBは4月の改善を望んでいたが、実際に改善が確認された。現時点では6月の利上げを裏付けるに十分なほど堅調だ。ただ他の経済指標がどうなるかを見る必要がある。

FRBが6月に利上げを決定すれば、9月に再利上げに動く公算が大きい。さらに、年内にバランスシートの縮小に着手すると見られる。」



アメリカ大統領など、酷くても、前の政権の余韻と、米連邦準備理事会(FRB)の人材次第。


馬鹿な大統領でも、いいが、経済しているFRBが、今後。


考えると、日本も言える。
日銀次第と、経済は、増税の失敗で、低迷。
増税しなけば、好景気と、金利が、上がったことだ。
昭和の歴史は、経済、所得税、いろいろな税金。
平成の歴史は、増税、消費税の失敗。
経済は、消費税で、停滞、破滅。
所得税が、減っていくのが現実。

消費税がなく、各税金に、取ると、経済は、よくなる。
消費する税金は、誰か、儲かるのか。
何に、使われているのか、解らない。
地方税、まだ、煙草税、飲酒の税のか、いい。

平成時代は、速く、終わることだ、消費税の歴史であった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今後は、上院の議員の問題。 | トップ | 面白い。赤潮 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。