二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

やっと、教訓だ、これは、

2016年11月08日 02時33分54秒 | ニ言瓦版
やっと、台湾も、許可。
大変な。
一つの失敗、あのとき、バカな総理大臣が、福島に行かないと、そして、
早く、海水入れると、崩壊しなかった。
いや、電源を高台に作れば、まだ、崩壊もない。
結局、福島の怠慢に国から貰う金を正しく、使わないで、飲み食いしたことが、
原発崩壊。
電源、高台に映すか、廃炉すれば、事は、起きなかったこと。
 


「台湾の衛生福利部(厚生省に相当)は7日、東京電力福島第一原発の事故を受けた日本産食品の輸入禁止措置を緩和する案を立法院(国会)に示した。全面禁輸としていた福島、茨城、栃木、群馬、千葉の5県産食品について、福島産以外は一部を除いて輸入できるようにする。ただ、反発も出ており、実施時期は決まっていない。

 緩和案では茨城など4県の食品のうち、飲用水や乳幼児用粉ミルク、茶などを警戒が必要な食品と位置づけて輸入を禁止する一方、その他の食品は放射線検査報告書と産地証明があれば輸入を認める。また、日本との間で食品の安全や輸出入に関する協力の覚書を結び、連絡態勢を強化するとしている。

 台湾では日本産食品が人気で、昨年の輸入量は約25万トン。東日本大震災前の2010年と比べて50%増えている。この日の立法院の委員会審議では、野党・国民党の委員を中心に「検査に当たる(台湾側)人員が足りない」「少しでも汚染の恐れがあるのであれば開放すべきではない」などといった意見も出た。」


汚染は、簡単に、安全と、言っても、売れないものだ。
一つの原発の投資と、廃炉、そして、地域の怠慢が原因。

豊洲市場と、似ているものだ。
最後は、食も、職も失うことになるのではないか。
市場は、いらない、赤字の市場が多い。
市場は、仲買人の食う場所と、安い品かいに、小売店の経費ごまかしの店が、
市場に行くものだ。
直送と、インターネットで、買う魚、野菜である。
インターネット市場を作ることが本当だろう。

結局、過去の反省は、利権の応酬、報酬か。
問われるのは、物が、売れるも、不祥事があるかないか、決まる。
豊洲市場も、数年は、売れないことかもしれない。

「福島、茨城、栃木、群馬、千葉」の産物は、原発の崩壊の影響で、やっと、売れる。

どこかのバカの管理者の失敗は、産業を潰すことになる、教訓の歴史である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バカだ、この大学、予算減ら... | トップ | 一兆か、豆腐だと、なんちょう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。