二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

何か、違う、

2017年05月19日 18時38分02秒 | ニ言瓦版
そうなのか。
安いのか。
いや、残るてはないか。映像が、死んでも残る。
視聴率がいいと、海外で、売れる。
印税も入る。
違うと思う。



「今や若手ナンバー1の呼び声も高い有村架純(24)が、4月3日にスタートした朝ドラ『ひよっこ』でヒロインを務めている。『あまちゃん』をきっかけ大ブレイクを果たした有村にとって、NHKの朝ドラは特別な舞台だが、彼女に待ち受けるのが「朝ドラヒロインの掟」だ。

 まずは「ギャラ」について。撮影は1日15時間に及ぶなど、朝ドラは出演者にとって最も過酷な現場といわれるが、出演料はその“重労働”に見合わないものだ。

 「NHKは視聴者の受信料で成り立っているため、出演料は民放に比べると安い。出演者は局への貢献度などに応じてランク付けされる。有村さんは『あまちゃん』にも出演し、紅白司会も務めているので貢献度は高いですが、それでも1話につき10万円強で、朝ドラの半年間で1500万円前後。民放では連ドラ1話100万円は堅いですから格安」(NHK関係者)

 しかも、朝ドラは約1年間、土日もロケや番宣番組出演などで拘束されるため、映画をはじめ他の大きな仕事は受けられない。

 CM出演にも、朝ドラならではの“縛り”がある。「放送期間中は新たなCM契約を結べないという暗黙のルールがある。すでに出演しているCMは仕方ないが、新規のオファーは受けてはいけない。これはヒロインに別のイメージが付かないようにするための配慮です」(広告代理店関係者)

 本来、朝ドラに出演するのは駆け出しの女優で、出演CMを持っていないことがほとんどである。

 「有村はすでに18本に出演するCM女王。これから舞い込む新たなCMオファーを受けることができないため、広告業界では“億単位の大損失だ。もったいない”と嘆かれている」(




「あまちゃん」いまだ、ツタヤで、借りる人かいる。
今回のは、あまちゃん、超えれるか。

「ひょっこ」見ている人は、るのか、ワイドショーのが、面白い。

「あまちゃん」は、面白かった。

朝トラか、20%行かないと、酷いトラマ化、昭和の時代は、飽きたというのが、現実。

「あまちゃん」は、平成だ。

脚本か、主演の女優が、違うと、視聴率も、低迷する。
紅白で、朝ドラのドラマするのは、少ないものた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寺。永代供養。 | トップ | 何のために »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。