二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

バカだ、この大学、予算減らせ、廃止かいい、バカだ。

2016年11月08日 02時16分34秒 | ニ言瓦版
事故になのか、バカな大学なのか、この管理する学校と、その教授、バカだろう。
消防署は、なぜ、事前に調べなかった。
酷いイベントだ。
何が、素の家だ。

親も、親だ。
普通のジャングルジムか、木製のは、面白くないのと、怖いことは、解らないのか。
不思議。
木くずは、それは、燃えるは。
誰が、考えても、東日本大震災と、神戸淡路大震災で、学ばなかったのか。
電気の通電から、火災、それは、コードか、コンセント、電球、燃えるものが近くならば、
燃える。
衣服も、ビニールも。


白熱電球は、燃える、燃える。
蛍光灯の電球でも、熱い。




「東京都新宿区の神宮外苑で行われたイベント「東京デザインウィーク」で、木製の展示物が燃えて男児(5)が死亡した火災をめぐり、作業用の照明器具として設置された「白熱電球」が出火の原因になったとの見方が強まっている。
出火した展示物を制作した学生が、演出用のLED電球だけではなく「白熱電球も点けた」と警視庁四谷署の調べに話したからだ。だが、仮に点灯していたのがLED電球だけだったら「危険性はなかった」と言えるのか。
燃え広がった木くずと木造展示物
火災は2016年11月6日17時15分頃に発生。日本工業大の学生らが制作した「素の家」と名付けた体験型の木造展示物全体に火が燃え広がり、作品内部で遊んでいた男児(5)が死亡、子供を助けようとした父親(44)ら2人がやけどを負った。
出火した作品は、木製のジャングルジムのような形状。骨組み全体にかんなくずのような木くずが飾られており、内部にはライトアップのための照明が設置してあった。作品の中に人が入れるようになっており、出火直前にも複数の子供が遊んでいたという。
日本工業大の学生支援課の広報担当者は7日のJ-CASTニュースの取材に対し、「責任は全面的に大学にある」と強調。その上で、
「作品にはLED照明だけを使用する予定だったが、これとは別に作業用の灯光器をライトアップのために展示物の内部に設置し、これに白熱電球が使われていた」
と説明した。発火の原因はまだ特定されていないが、白熱電球と木くずが原因との見方が強まっている。
LEDと比べて高温になりやすく、発火しやすい「白熱電球」の危険性を学生に十分周知していたかどうかについて、大学の担当者は
「担当の教員が指導を行っていたはずだが、不十分だったのだろう」
と話した。
また、担当者は「(展示物を制作したのが)学生による任意団体だったために、指導体系が曖昧になっていた部分がある」と話した。事故を起こした「素の家」は、デザインウィークが実施される10月26日から7日まで展示される予定だった。製作段階では教員が指導に当たったが、火災当日は立ち会っていなかったという。
「飛び散った木くずが電球に付着する恐れも...」
では、当初の予定通りLED電球だけを使用していた場合、展示物に「危険性はなかった」といえるのか。ツイッターやネット掲示板では、
「LEDなら安全...とは限らないのでは」
「LEDでも十分危険だし同じこと起きた可能性はある」
「普通の配線とかLEDでも最悪断線等からのショートで火が付いてもおかしくないと思うんだが... 色々安全対策足りてなかったんじゃ」
といった疑問が相次いでいる。
こうした疑問について、東京都内に事務所を構える照明デザイナー(50)はJ-CASTニュースの取材に対し、
「照明のワット数にもよりますが、一般的にLED電球が出火につながる可能性は考えづらいです。『絶対安全』とは言い切れませんが、火災の原因になったという話は聞いたことがありません」
と、一般論としては、LEDの方が安全とした。
しかし、今回の場合は展示物に木くずを用いていることから、「LEDだったとしても、飛び散った木くずが電球に付着する恐れもあり、火災の危険性は高かった」とも指摘する。
さらに、「ましてや白熱電球の灯光器を内部に設置していた点をはじめ、火災の危険があることは誰にでも分かったはず」として、
「教員が会場に立ち会ったり、展示物のすぐそばに消火器を設置したりするなど、万が一を想定した準備が必要だったのではないか」
と話している。」


LEDでも、熱くなる。
乾燥していると、燃える。

山火事に、原因は、乾燥。

解らないものだ。

よく、このイベント、調べなかった、消防、警察が問われることかもしれない。

遊戯の施設で、子供が死んだのと、同じに見える。
管理者、許可したところが、問われる。

しかし、バカな学生もいるものだ。
日本工業大の学生?

芸術大学か、専門の美大のが、まだ、まともなことする。
バカの大学は、廃止がいい。
学部の統合か、最低でも、自衛隊に育成か、ボランティア活動をさせることだ。
そうしないと、最低の人間になる。

火の怖さ、そして、子供の管理は、ボランティア活動しないと、解らない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | やっと、教訓だ、これは、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。