二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

面白い。

2017年02月12日 01時54分24秒 | ニ言瓦版
このCNNの事件は、小説みたい。
犬が人間に変わると、より、そうかと思う。




「(CNN) 米ミシガン州で近所の小型犬を殺した疑いをかけられ、殺処分を命じられた大型犬が、DNA鑑定によって「無実」を証明され、処分を免れる出来事があった。
同州セントクレアに住むケネス・ジョブさん(79)と妻のペニーのさんの飼い犬「ジェブ」は、2歳になるベルジャン・マリノア犬。介助犬の訓練を受けてケネスさんが転ぶと立ち上がるのを助け、ほかの3匹の犬と7匹の猫、ニワトリたちとも仲良くしていたという。
もともとデトロイトで飼われていたが、昨年1月に当時の飼い主が死亡し、引き取りに行った保護団体のボランティア、ケンディ・モリソンさんが、父のケネスさんの介助犬にぴったりだと考えた。
神経疾患のシャルコー・マリー・トゥース病を患っているケネスさんも一目見てジェブが気に入り、ジェブはジョブさん一家に引き取られて幸せに暮らすようになった。
事件が起きたのは8月24日。近所に住むクリストファー・サワさんが、自宅の庭で愛犬のポメラニアン、「ブラッド」が死んでいるのを発見した。裁判記録によるとサワさんは、ブラッドの前にジェブが立っているのを見たと証言している。
ブラッドの体重は約6.3キロ。ジェブは約40キロだった。
サワさんの通報で動物管理当局が駆けつけ、ジェブは捕獲された。9月19日、セントクレア郡の裁判所はジェブを「危険な動物」と認定し、殺処分を命じる判断を言い渡した。
この判断に納得できなかったジョブさん一家が思いついたのが、人間の裁判で使われるDNA鑑定だった。
この時点でブラッドの死骸は凍結保存されていたことが判明。ジョブさん側は、ブラッドの傷口に残っていたDNAとジェブの口から採取したDNAをフロリダ大学の法医学センターに送り、一致するかどうかの鑑定を依頼した。
ジェブが捕獲されてからちょうど2カ月後の10月24日、同センターのDNA専門家から鑑定結果が送られてきた。傷口のDNAは、ジェブのDNAとは一致せず、アンマリー・クラーク鑑定官は「(ブラッドを)殺した犬はジェブではない」と結論付けていた。
「私たちは安堵した。心から安堵した」とペニーさんは語る。

鑑定を担当したクラークさんはCNNに対し、ブラッドを殺したのは別の犬だったことがDNA鑑定で分かったと話した。しかし「真犯人」の犬探しは迷宮入りとなった。
ジェブは翌週、帰宅を許された。ジョブさん一家は、2度とジェブを放し飼いにしないという誓約書に署名。動物たちの脱走を防ぐため、庭にフェンスを設けることを約束した。
動物管理局にいた9週間の間にジェブは痩せ、人を怖がるようになってしまったとペニーさんは言う。それから3カ月たった今もまだ、知らない男性を怖がるという。
愛犬を無実の罪で殺されかけたジョブさん一家には、今も苦い思いが残る。なぜ裁判所が殺処分を言い渡す前にDNA鑑定を行ってくれなかったのかという疑問は消えない。
これについてミシガン州立大学のデービッド・ファーブル教授は、「犬は所有物なので権利がない」と解説する。犬の命がかかっている場合、裁判所がDNA鑑定を検討すべきかどうかについてはこれまで考えられてこなかったと述べ、ジョブさん一家の弁護によって、「これからはこの方法があると分かってもらえる」と評価した。」


どの犬が殺したのか。
それは、簡単だろう。
近くの犬のDNA鑑定すれば、すぐだろう。

ラッドを殺した犬は、また、犬を殺す。
動物も、一度、殺すこと、覚えると、何度もしでかす。

熊が、人、遅いと、もう、同じことする。
ライオンも、虎も、そう。
狼もそうだろう。
ワニも。

「9週間の間にジェブは痩せ、人を怖がるようになってしまったとペニーさんは言う。それから3カ月たった今もまだ、知らない男性を怖がるという。」
は、
犬のジェブは、死刑の場所に、置かれている怖さ、人の怖さ、知っている。
そのから、戻ると、それは、影響するものだ。

死の恐怖は、怖いことだ。

人間だって、豚、牛だって、殺されると、解ると、恐怖と、あの世にいく、過程から、
免れてると、それは、怖さ、残る。

犬のジェブは、犯人の犬か、動物をしているのかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試験の場所と、宿泊は、一つ... | トップ | この話、経済と、車、全てに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。