二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

国の怠慢だろう。

2017年07月15日 03時51分19秒 | ニ言瓦版
もう、遅いかもしれない。
もう、国内に、住んたでいる。
横浜港で、凄い数と、増えているのは。



「環境省と横浜市は14日、横浜港の本牧ふ頭(横浜市中区)のコンテナ置き場から、南米原産で強い毒を持つ「ヒアリ」が計700匹以上見つかったと発表した。

 1か所で確認された数としてはこれまでで最多で、巣があった可能性がある。神奈川県内でヒアリが確認されるのは初めて。国内では兵庫県尼崎市、神戸市、東京都品川区などに続いて5都府県で7例目となった。

 発表によると、同日、本牧ふ頭でヒアリがいないかを調べていた同省職員らが、コンテナ置き場のアスファルト舗装の亀裂に多数のアリがいるのを発見。土を深さ10センチほど掘って殺虫剤で駆除した後、専門家がヒアリだと確認した。働きアリが500匹以上、羽のあるオスが5~10匹、さなぎが100匹以上、幼虫が100匹以上見つかった。」



結局、国の怠慢だろう。
経済優先と、管理の怠慢。

関税、監視は、書類だれで、盲判かもしれない。
国の管理の怠慢というしかない。
コンテナに、履いていれば、管理は、書類だけということかもしれない。
いい思うした、公務員、盲判で、仕事していた。

結局、船も、問題だろう。
船には、住んでいるのかもしれない。

船の中で、消毒する方法も必要か。

問題は、いろいろな海外の昆虫、害虫は、国内に入っているというのが、
現実かもしれない。

そして、日本は、熱帯地方になったのだから、冬は、暖冬だと、それは、蟻は、凄い繁殖。

環境省か、結局、家計学園の問題より、害虫の駆除を金を出すことかもしれない。
新しい、薬剤で、撃退することが、必要なこと。
コンテナの浄化する法でも、作らないと、無理だろう。

簡単に、船から、陸に、陸から船、蟻は、移動する。
コンテナの運搬の企業も、問われる。
浄化することが、出来ないのか。

各倉庫の調査も必要かもしれない。

コンテナ、冷凍するとか、何か、方法ないのか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 疑問。 | トップ | 不思議でならない、猫糞シス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。