二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

考えると、終わり、ソフトで、ランク。

2016年10月14日 06時43分37秒 | ニ言瓦版
この記事は、考えると、将棋の限界かもしれない。
もう、将棋は、ソフトに勝てない。
ニンニングという、問題ではなく。
将棋の能力は、落ちたというのが現実。





「将棋のタイトル戦「竜王戦」の挑戦者になった三浦弘行九段(42)が出場停止処分を受けた問題で、日本将棋連盟は13日の会見で、三浦九段の対局中の不自然な離席を5人前後の棋士が指摘し、対応を求めていたことを明らかにした。1手ごとに席を立つことも度々あり、将棋ソフトを使った不正を疑う声が広がっていたという。
 連盟によると、7月以降、「三浦九段が対局中に十数分、席を外す」「1手ごとに席を立つ」などの指摘が対戦相手らから相次いだ。タイトル保持者の渡辺明竜王(32)が同席した11日の常務会で、三浦九段は「別室で体を休めていた」と説明したという。
 対局中にトイレに行ったり、建物内の自販機で飲み物を買ったりする棋士は多く、離席を禁ずる規定はない。スマートフォンなどの電子機器については、対局前に電源を切ることを求める規定があるが、連盟は成長が著しいソフトによる不正の防止策が新たに必要と判断。今月になり、スマホなどを対局前にロッカーに預けることなどを求めるルールを定めていた。」



そもそも、将棋で、商売になるのが、不思議なこと。
機械が、上だと、プロとして、機械のランク決めることかもしれない。


本当に、能力があるのか、ないか、資格が問われる。

それに不思議なのは、スマホ、対局していとき、別のところで、休むも不思議。
それならば、機械と使う。
昔は、本だったのか、自分のノートか。

結局、将棋は、限界が来たということかもしれない。
機械で、勉強している将棋なのたから、ソフトの強くなるは。

人工知能があだろうが、人の思考より、上になるものだ。

将棋のソフトで、勝敗する時代かもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 当然。 | トップ | 今後は、消えていく業界。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。