二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

知らなかった、上がりかた。

2017年07月13日 03時49分54秒 | ニ言瓦版
知らなかった。
夕刊フジは、面白い。
株の世相みるのは、経済みる。

ゲームは、凄いのか。



「日経平均株価が2万円台を回復。その株式市場で存在感を高めているのがネットトレーダーだ。そこで、夕刊フジの連載「ネット騒然銘柄」で今年1~6月に取り上げた銘柄の掲載後の動向を分析し、爆騰した銘柄を分析すると、下半期の戦略が見えてくる。

 まず目を引いたのが、スマホゲームを中心としたゲーム関連銘柄の多さだ。1~6月の間に連載で取り上げた全101銘柄(重複を含む)のうち23銘柄がゲーム関連で、上昇率平均は120%に達した。掲載後の株価上昇率ランキングでも上位20銘柄のうち8銘柄がゲーム関連だった。

 上昇率トップだったのはPCオンラインゲーム大手のサイバーステップ(3810)。記事が掲載された3月2日は終値で1192円だったが、6月27日に一時約6・7倍の7980円まで上昇した。

 同社は実際にキャラクターグッズなどがもらえるオンラインクレーンゲーム「トレバ」が大ヒットし、業績も黒字転換した。ただ、2017年5月期の売上高27億円、最終利益2億8000万円の予想に対して、時価総額343億円(7月10日時点)はやや過大評価の感がある。

 なお、上昇率上位でも、ピクセラ(6731)のように株価は一時2倍近くまで上昇したが、その後はほぼ元の水準に戻った銘柄もある。


 連載ではIPO(新規公開)関連を12銘柄、バイオ関連も11銘柄を取り上げた。掲載後の平均上昇率は、バイオ関連が約80%と好パフォーマンスだったが、IPO株は約22%と物足りない。
掲載時からの下落率では、民事再生法を申請したタカタ(7312)が断トツだが、今年最初のIPOとなったシャノン(3976)、VR(仮想現実)関連のアイフリークモバイル(3845)と続く。

 下落率が大きい10銘柄のうちIPO株やVR関連が2銘柄ずつランクインしていることを見ると、現時点ではネットトレーダーの関心が薄れているということだろう。

 注目したいのは、4月25日までに取り上げた全70銘柄中、35銘柄が同月12~25日の間に掲載後の安値をつけている点。実はこの間、日経平均株価やマザーズ指数が大きく調整しており、ネットで話題の個別銘柄といえども、株価指数の影響は小さくないことがわかる。

 一方で、ゲーム関連については、そこから大きく反発して6月に高値奪回を成し遂げた銘柄が多い。「ゲーム株バブル」はいまだ健在ということだ。彼らと同じような銘柄で勝負するなら、これらを念頭に置いておく必要がありそうだ。」


知らなかった。
世の中は、庶民の思考は、変わっていく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時代は、アマゾンかも。 | トップ | 今に、完全な機械化。駅のよ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。