二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

今後は、11月に

2016年10月29日 13時02分26秒 | ニ言瓦版
共同通信の記事と、日刊スポーツの記事。


「豊洲市場(東京都江東区)の建物下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で、都が、2011年8~9月にかけて盛り土をしないことが決まったとする検証報告書をまとめる方針であることが29日、都関係者への取材で分かった。
 基本設計を発注した10年11月から、実施設計の発注を決めた11年9月までの間に、中央卸売市場で部長級以上だった現副知事の中西充氏ら職員8人前後が責任者だと結論付ける。
 小池百合子知事が11月1日に記者会見を開き、報告書を正式発表する。盛り土をしない発案者は特定できなかったとする見通しだ。
 関係者によると、担当部局の中央卸売市場の元幹部に対するヒアリングや会議録の資料などから、11年8月の部課長会議で盛り土をしない方針を確認し、翌9月に実施設計の発注を決めた際に正式に決定したと判断した。
 小池知事が今年9月30日に公表した検証報告書は、08年10月から13年2月にかけ、段階的に盛り土をしない方針を決定したと指摘。いつ誰が地下空間設置を決めたのか特定できなかったほか、一部内容に誤りがあり、小池知事が再調査を指示していた。
 小池知事は10月14日の記者会見で、中央卸売市場長だった岸本良一氏ら幹部の更迭や、技術職の局長級ポスト新設などの人事刷新を発表。さらに、関与した幹部らの懲戒処分を検討する意向も示しており、新しい報告書を参考にし、処分の対象者や内容を検討するとみられる。
 ◆豊洲市場の盛り土問題 東京・築地市場の移転先となる豊洲市場の敷地は東京ガスの工場跡地で、土壌から有害物質が検出された。そのため専門家会議が2008年に敷地全体で盛り土を実施するよう提言。都は11年から対策工事を実施したが、提言に反して建物下に地下空間を設置、盛り土をしていなかった。都はホームページや都議会で、きれいな土で覆ったなどと説明していた。小池百合子知事が9月10日に盛り土がなかったことを公表、同月30日に経緯などの検証報告書を発表した。だが、報告書では責任者を特定できず、事実と異なる記載もあり、都が再調査を進めていた」

それは、正しい。
それと、当時の都知事が一番の問題。
管理できないこともある。

どんな処分と、後々、不正もあるのかもしれない。
怖い、11月になる。

来週。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今後。 | トップ | 面白かったが、酷いものかも、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事