二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

内容が変わらないか、考えるとまし

2016年10月13日 01時32分06秒 | ニ言瓦版
党名かえても、内容が、変わらない。
でも、民主党から、民進党より、いいかもしれない。

小沢氏の力の党は、ジリ貧でなく、自立することだ。
組織と、人材。
作ることだ。




「生活の党は、両院議員総会を開き、次の衆議院選挙に向けて、党勢を拡大するためには保守層に浸透する必要があるとして、党名をかつて小沢代表が党首を務めた党と同じ「自由党」に変更することを決めました。

生活の党は、国会内で、両院議員総会を開き次の衆議院選挙に向けて、党勢を拡大するため、党の体制を一新したいとして、党名を「自由党」に変更することを決めました。
「自由党」は、かつて小沢代表が党首を務めていた党と同じ名前で、13年ぶりに党名が復活することになります。
このあと小沢代表は、記者会見で、「かつての『自由党』のときが、いちばん、政治的理念も政策もはっきりとして、筋道の通った活動をすることができ、多くの支持を得ることができた。
野党の中で、保守の支援を得られる政党がなかなか見当たらない。保守の票を獲得しなければ政権をとれないので、ウイングを保守層にも広げていきたい」と述べました。
一方、山本共同代表は、次の衆議院選挙では、党に所属したまま別の政治団体から、比例代表の東京ブロックなどに候補者を擁立する考えを明らかにしました。
山本氏は、「同じパイを政党どうしで奪い合うのではなく、無党派層や、政治に対して無関心な人の受け皿をつくりたい」と述べました。」




今後、選挙では、比例区では、自由党に入れる人もいる。
なにぜ、民進党では、酷い組織、野党に入れるのは、皆無。
維新しかない。

自民党公明党と、維新しか、信用できないのが、庶民の思考、
東日本大震災、原発、消費税10%の主張する正当か、経済を無視した、
政党。

現実、今の経済は、安倍内閣かないと、いまだ、酷い経済と、日経平均は、9000円の時代か続いた。
金融、消費税が問われる、赤字の国というが、現実は、安倍内閣で、
赤字が、消えている。

すべては、小沢おろしから、崩壊した民主党が、もともと、自由党が原点か、
自民党の中の派閥が、原点かもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分で、作り出すしか。 | トップ | 変わらないのかも、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。