二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

意味のない、ことだ。

2016年10月17日 03時47分04秒 | ニ言瓦版
優勝しようが、興味ない。
五輪、軽視した、選手は。
金のかかる大会しか、出ない。
何か、優勝だ。



「日本オープン選手権最終日(16日・埼玉県狭山GC=7208ヤード、パー70)首位で出た松山英樹が5バーディー、4ボギーの69で回り、通算5アンダーの275で逃げ切って初のゴルファー日本一に輝き、賞金4千万円を獲得した。日本ツアーの5年のシード権が得られる国内三大大会は初制覇で、同ツアー通算7勝目となった。
 3打差の2位に池田勇太と李京勲(韓国)が入った。昨年優勝の小平智は通算2オーバーで6位、石川遼は3オーバーで7位だった。」


五輪の軽視した、スボーツは、消えることだ、
選手も、だれが、賞金を得ても。

五輪の大会、軽視した選手は、興味ない。


男子のゴルフの大会は、来年、減らすことだ。
日本に、意味ある、選手が出来ない。

テニス、卓球、のように、五輪を大切するスポーツの大会、
増やす、支援する、企業が出て欲しい。
賞金4千万円は、なんの日本のためにならない。

まだ、卓球の高校生の女子に、大会で、賞金だして、
育成のために、将来の東京五輪のためになる。

============

まだ、女子ゴルフのがいい。

「富士通レディース最終日(16日、千葉県東急セブンハンドレッドC=6635ヤード、パー72)22歳の松森彩夏が5バーディー、1ボギーの68で回って通算12アンダー、204に伸ばし、3位から逆転で初優勝を果たした。賞金1440万円を獲得。

 首位から出た2人は笠りつ子が4打差の2位、堀琴音はさらに1打差の3位だった。4位は木戸愛と比嘉真美子。昨年覇者テレサ・ルー(台湾)は6位、アマチュアの勝みなみ(鹿児島高)は49位だった。(出場55選手=アマ1、曇り時々晴れ、気温24・1度、東北東の風1・4メートル、観衆5555人)

松森彩夏の話
「すごくうれしい。最後の18番でカップインした時、気持ちがこみ上げてきた。始めの3ホールは緊張したが、一度も焦りはなかった。パットとアプローチがさえていた。家族総出の応援も力になった」

堀琴音(首位から出て74で3位)
「このゴルフでは勝てない。前の日まで良かったショットが曲がって、バーディーチャンスもできなかった」

森田理香子(今季初の1桁順位となる6位)
「よく耐えた。ずっとショットが悪かったが、アプローチとパットが良かったのでこの位置にいる」」



彼女らが、賞金とるも、五輪のためになる。

1440万円は、少ない。
将来の子供に夢がある。

松森彩夏選手、堀琴音選手、勝みなみ選手、将来が、ある。
五輪の大会で、拒否などしない。


海外、国内で、支援者は、見ているものだ。
男子の4000万の賞金より、価値のある、投資だろうな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変えるべき、厳しい法か、日... | トップ | 負けたか。強いから、中国 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。