二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016年10月20日 02時36分29秒 | ニ言瓦版
おかしな事、バナナのたたき売りというように見えると、
どこかのテレビのコメンテーター言っていた。
まだ、バナナのたたき売りのが立派だ。
見せかけで、高くして、最後は、損しても、完売する。
バナナのたたき売りのが、まだ、立派。
存させないのが商売。





「東京都の小池百合子都知事が、2020年東京五輪・パラリンピックの開催費圧縮で勝負をかける。18日午後、IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長と会談し、競技会場の見直しなどで理解を求めた。「五輪成功」と「都民の負担軽減」を両立させる交渉に注目が集まるなか、舛添要一前都知事の時代、都がボート・カヌー会場「海の森水上競技場」について、虚偽の建設費をIOCに伝えていたという報道が炸裂した。小池氏は「五輪の闇」にも切り込むことになりそうだ。

 衝撃の報道は、毎日新聞が18日朝刊の1面トップで「都、IOCに虚偽報告」「ボート会場 251億円を『98億円』」と報じた。

 同紙によると、「海の森水上競技場」の整備費は招致時は69億円だったが、2013年9月の再試算で15倍超の1038億円まで膨張した。IOCはこれを問題視し、100億円以下に抑えるように要請したという。

 都は再検討の結果、14年11月に総整備費を491億円とし、「本体工事費251億円、周辺整備費86億円」とした。

 ところが、IOCには同時期、森喜朗会長率いる大会組織委員会を通じて、「本体工事費は98億円で、残りの393億円は遺産(レガシー)として残る周辺の公園整備費だ」と説明したという。同紙の取材に、都幹部が「根拠がない数字を伝え14年11月といえば、「豪華海外出張」や「公用車での別荘通い」「韓国人学校への旧都立高校貸し出し」など、数々の疑惑・問題が噴出して、今年6月に辞職した舛添氏が知事時代である。

 都は、豊洲新市場の「盛り土」未実施問題でも、事実を隠し続け、信じがたい虚偽報告をしていたが、一体どういう体質をしているのか。他の競技施設の整備費の試算についても、信頼性が揺らぎそうだ。

 都の五輪・パラリンピック準備局の担当者は18日午前、「虚偽報告の認識はない。IOCの規定に沿って分類し、示したものだ」と夕刊フジに説明した。ただ、招致時の69億円から、491億円に膨張したこと自体が異常というしかない。

 それにしても、小池・バッハ会談に合わせた報道をどう見るべきか。

 政治ジャーナリストの角谷浩一氏は「東京五輪の開催費用などを検証する、都の調査チームから情報が出たのではないか」と推察した。

 都の調査チームは先月末、整備費が膨張した「海の森水上競技場」と、水泳会場「オリンピック・アクアティクスセンター」(整備費683億円)、バレーボール会場「有明アリーナ」(同404億円)について、建設中止を含めた見直しを提案した。

 これに対し、小池氏はボート・カヌー会場の移転候補地である、宮城県登米市の「長沼ボート場」を15日に視察したが、競技団体や大会組織委員会は「海の森水上競技場で進めるべきだ」「見直しは極めて難しい」などと反発を強めていた。角谷氏は「今回の報道(IOCへの虚偽報告)で、長沼ボート場が有利になったのは間違いない。報道が事実なら、豊洲新市場の『盛り土』未実施問題と同じ構図といえる。都が『ごまかしながら仕事をしてきた』という印象が強くなり、都民の血税がきちんと使われているのかという疑念がわいてくる」と語った。

 今後、豊洲問題と五輪問題で、石原慎太郎元都知事と舛添氏の「公開聴取」「参考人招致」「百条委員会」などを求める声が高まるのは確実だ。

 東京都民だけでなく、日本人の自尊心を傷つけられそうな仰天報道も飛び出した。

 朝日新聞と共同通信が18日、「ボート韓国開催も検討」「会場見直し問題でIOC」などのタイトルで、IOCが「海の森水上競技場」での実施が困難な場合を想定し、韓国での開催を検討している-と報じたのだ。

 国内の大会関係者が明らかにしたという。14年仁川アジア大会で使われた韓国中部、忠州(チュンジュ)市のボート場で、国際規格の2000メートルコース8レーンを備えるという。

 突然の「韓国開催案」浮上は、2002年日韓共催サッカーW杯の“悪夢”を想起させる。

 これでは、「成熟国家となった日本が、世界にポジティブな変革を促し、それらをレガシーとして未来へ継承していく」「すべての日本人が、世界中の人々を最高の『おもてなし』で歓迎する」という、東京五輪・パラリンピックの基本コンセプトから大きくかい離してしまう。

 日本を代表する女性政治家、小池氏のリーダーシップに期待したい。」



なにが、98億だ。
考えると、企業の深刻だ。
もし、「ボート会場 251億」仕事が消えたら、キャンセル料貰っても、
数年間は、赤字になる。
深刻だろう。
建築の不況になるものだ。

下請けは、いいかもしれない。
別の仕事得られる。

いや、ないかもしれない。
復興の工事も、もう、消える。
これから、五輪の建物で、食うことが、消えると、
それは、建築は、深刻だろう。
五輪の誘致は、いいのは、先の計画で、利。


でも、ほったクリかもしれない。
本当は、タダで出来ることかもしれない。
運営する会社と、作る会社が、一体となれば、
ただである。

広告取って、雑誌ただで、発売するようなことが、できないのか。
出来ると思うが。

川幅の広い、川で、ボート会場にすれば、ただで出来る。
隅田川の河口とか、利根川とか、あると思うが。
不思議でならない。
奥多摩にないのか。解らないが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思うは、 | トップ | 考えると、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。