二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

この話、経済と、車、全てに当てはまる。

2017年02月12日 02時07分13秒 | ニ言瓦版
この記事、笑い。
いや、本当なのかもしれない。
日本の米軍基地は、日本人の整備がいいから、維持している。
アメリカ人の整備は、ろくなことがない。
結局、アメリカ経済は、移民は、整備と、同じ。
仕事の怠慢は、前々の移民。
新しい移民は、汚い仕事して、億万長者を夢見て、働き、仕事の責任もつ。
怠慢な人は、同じことか、仕事しない。
だから、時代に、整備も、出来ない。
飛行機が、落ちるは、空港の整備の移民でない、怠慢のアメリカ人かもしれない。




「(CNN) 米海軍幹部は11日までに、海軍の主力戦闘機となっているF/A18型機の約3分の2が修理の遅れや部品の調達待ちで飛行が出来ない状況に陥っている実情を明らかにした。
ウィリアム・モーラン副作戦部長(海軍大将)が米下院軍事委員会で証言した。海軍保有の航空機の半分以上を飛ばすことが出来ず、国防費増額の見通しも立たない中で、投入出来る航空機の使用回数は限度まで来ていると指摘した。
「様々な理由に襲われ、海軍の造船所や航空機の格納施設では修理や維持管理作業を規定通りの時間内に終わらせることに苦労している」と表明。F18に限れば任務に使えない機材の数は本来あるべき水準の倍になっているとも述べた。同型機の62%が駐機を強いられているとの一部情報を確認する形ともなった。
同機の機体寿命は約6000飛行時間を想定している。しかし、稼働させる機材が少なくなっている現状を受け、現在は8000~9000時間まで伸びているという。財源の制約やF18の後継機と位置付けられている最新型戦闘機F35の配備の遅れも作用している。
モーラン副部長は、保有機材の老朽化や機数の制限、要員不足で海軍は将来の紛争に脆弱(ぜいじゃく)な戦力で立ち向かうことを強いられるとも警告した。
新任のマティス国防長官は有事への即応態勢を強化するため人員や予算増加を最優先事項の1つと強調している。トランプ大統領も海軍艦艇の増強や空軍の航空機拡充を選挙戦の公約としてきた。
しかし、下院軍事委の幹部メンバーであるアダム・スミス議員(民主党)はCNNとの取材で、金はいくらでも惜しまないとの空想は可能だが、連邦政府予算の切り詰め方針を損ねず軍の即応態勢を改善させることは不可能に近いとの現実があると指摘。共和党はまだこの問題への解決策を示していないと主張した。」



この記事は、経済と、似ている。
結局、車が売れない、買って欲しいも、ろくな整備、開発もしないで、
昔と、同じ、工場で、労働者も、賢くない。
だから、車も、アメリカ商品は、農産物しか売れない。
インターネット、パソコン、スマホ。
クラウドのインターネットの場所も、他国に、あるのかもしれない。

整備が出来ない、管理と、危機管理がないのでなく、能力がない。


貧しく国は、食うために、開発、どんなことでも、金儲けして、食う。
日本の軍事産業が、できたら、今頃、整備、開発、新しい武器と、安全の飛行機ができた。

日本の潜水艦は、凄いのと、同じ。
空母も、戦闘機も、許可されたら、今頃、凄い武器が出来た、整備も。


いや、事よると、日本の自衛隊の攻撃のか、凄いかもしれない。
整備は、一番だろうから。

ガンダムを見たい。
また、日曜、ガンダムみるかな。

アメリカは、知らないのかしれない。
本店と、支店と、あると、支店が日本だが、
現実、日本がないと、アメリカは、動かない経済と、開発かもしれない。
車も、トヨタか、ホンダ、日産に、配下になると、より、いい車が生まれ、
アメリカ国内で、工場の稼働する。

売れない車ばかり、作るから、アメリカは、海外の車にやられる。
やっと、トヨタは、アメリカ車、日産もアメリカ車、とういうのが、
現実だろう。

整備は、移民の人、開発も、移民。
何もしないのは、同じことして出来ない、白人かもしれない。
アメリカの教育システムが、問題なのかもしれない。

良い州ある、酷い州は、馬鹿白人が多い、移民が少ない州。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 面白い。 | トップ | 解らないが、立つのがいいのか。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。