二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017年05月18日 02時39分29秒 | ニ言瓦版
取れると、いいが。
賞。



「世界3大映画祭のひとつ、第70回カンヌ国際映画祭が17日から開幕する。今回は最高賞のパルムドールを競う「コンペ部門」に河瀬直美監督(47)の「光」が選ばれるなど注目度が高いが、それ以上に注目されているのが河瀬監督のドレス姿だ。

 河瀬監督は1997年、「萌の朱雀」でカメラドール(新人監督賞)を受賞。出品は7回目でコンペ部門は5回目ともはや常連の域。2007年には「殯の森」で審査員特別賞にあたるグランプリを受賞している。

 そしてゴージャスなドレス姿でもおなじみ。カンヌでは報道陣にもドレスコードがあるので当たり前だが、「時に女優さんより大胆なデザインのドレスで驚かされる。海外の映画関係者からは『彼女はアクトレスか』と聞かれることも」(映画関係者)というほど。

 カメラドール受賞時こそ、シンプルな黒のドレス姿だったが、2007年のレッドカーペットでは胸元がざっくり開いたドレスが目を引いた。

 11年に「朱花の月」がコンペ部門に選ばれたときも肩を大胆にみせたレース地のドレスで周囲を圧倒。14年に「二つ目の窓」でコンペ部門に出品したときはドレス姿や和装などさまざまなドレスアップを披露し、西陣織とのコラボも話題になった。

 15年に「あん」で、ある視点部門に挑戦したときは、出演者である樹木希林(74)に合わせるかのように、一転して黒いシックなスーツだが、胸元はしっかりと開いているという大胆さだった。

 果たして、今回はどのような装いをみせてくれるのだろうか。」



取れると、興行が繁栄するのだろう。

映画も、売れる映画と、賞取る映画は、違うが。
庶民は、賞など、興味ない。

なんでも、続編がある、映画が見たい。
「男はつらいよ」のが、あるといい。

いや、ハリーポッターなど、続編が、いいのだ。
売れる映画の続編が、興行は、いいか、悪いか。
見る人は、続編は、みたいものだ。

アニメのヒットは、続編だから、見るのだ。

賞は、いい。みたい映画、続編が、賞になる時代は、来ないものか。

最近、テレビのCMのが、映画のように、面白い。
その監督が、作ると、良い続編ができる。


好きな、CM
きよらの卵。

https://www.youtube.com/watch?v=n1rYxNbT5HI

https://www.youtube.com/watch?v=5O2ehCMH_-s

https://www.youtube.com/watch?v=d-2MlSbktiA

これは、映画である。面白い。
なぜ、この映画、作らないのか、この猫で。



https://www.youtube.com/watch?v=XW465AdwZt8
https://www.youtube.com/watch?v=RLkfhvCa-bU
https://www.youtube.com/watch?v=MGkkH9Uv2mw

ポカリスエットも、これは、映画である。
なぜ、映画を作らないのか。


https://www.youtube.com/watch?v=sfS2X-o6QW8
宝くじのCMも面白い。
映画みたいな物語、続編みたいものだ。
島崎遥香氏、役所広司氏も、映画、作ると、面白い。
時代超えた、物語。
見る人いる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 解らないこと。何を言いたいか。 | トップ | また、変わるのかもしれない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。