二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

面白い。日本海は、警戒。

2017年05月17日 13時37分43秒 | ニ言瓦版
日経新聞の記事で、解った。
三つの空母が、日本海、太平洋に、いると。
あるのかもしれい。



「米海軍第7艦隊の原子力空母ロナルド・レーガンが16日、定期点検・整備を完了し、母港の横須賀基地を出港した。北朝鮮が弾道ミサイル発射などで挑発を重ねるなか、米軍は既に日本海に展開済みの空母カール・ビンソンにレーガンも加えた2隻態勢も視野に北朝鮮への圧力を強める見通しだ。
 米海軍は原子力空母を10隻保有する。これら空母はいずれも、整備↓洋上での訓練↓パトロール(実戦配備)の順で運用される。空母レーガンは、米国外の港を母港とする唯一の空母で、昨年11月に横須賀に帰港してから原子炉や甲板などの整備を受けていた。
 レーガンの整備中に東アジアに力の空白が生じないよう、米海軍は東太平洋を管轄する第3艦隊の空母カール・ビンソンを中心とする打撃群を西太平洋に派遣。現在、同打撃群は日本海にいる。
 通常であればロナルド・レーガンは今後、随伴する巡洋艦などとともに洋上で艦載機の離着艦訓練をするなど「肩慣らし期間」に入る。ただ、朝鮮半島情勢が不透明なだけに、通常より短期間で実任務態勢に移る可能性が出てきた。
 空母が2隻あると米海軍はより安全・確実な状態で作戦を遂行できるようになる。仮に1隻の空母が甲板火災などを起こしても、攻撃作戦をして戻ってきた艦載機はもう1つの空母に降りることができるためだ。
 米軍は現在、中東地域の警戒のため空母ジョージ・H・W・ブッシュをペルシャ湾に派遣中だ。安保関係者によると、この交代空母として第3艦隊所属で現在米西海岸の沖合で訓練中の空母セオドア・ルーズベルトが派遣される可能性があるという。同空母が太平洋を横断して日本近海にさしかかったとき、まだカール・ビンソンが帰投していなければ、一時的に米空母3隻が集まる形となる。実際にそうなれば米朝の緊張はかつてないものとなる。」


ロラルド・レーガンは、修理の終わったことが、今後。
どんな朝鮮半島に、何かあるか。
セオドア・ルーズベルトが、太平洋から、行くと、より、危険度かある。
どんなはころで、現れか。


坂之上の雲、日本海海戦のドラマ見たいに、あるのか。
日本海は、怖い地域だ。

北朝鮮のミサイルも、現実、撃ったは、いいが、国は、風前の灯。
アメリカ軍の怖さは、どこまで、しているのか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あるのか、酷いテニス。 | トップ | そろそろ、交代、新しい総理... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。