二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

何考えているのか、この県、集会する場合か

2017年08月13日 02時31分35秒 | ニ言瓦版
ずれている。
何が、飛行機、落ちたから、反対か。
今、深刻なのは、

「輸送機オスプレイのオーストラリア沖での墜落事故」より、北朝鮮の攻撃だろう。
もし、日本の領土にミサイルが落ちて、人々は、生死の影響するとき、
ヘリコプター無理だろう。



「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「県民大会」が12日、那覇市の奥武山公園で開かれ、主催者発表で約4万5千人が参加。普天間飛行場に所属する新型輸送機オスプレイのオーストラリア沖での墜落事故を受け、「非常に危険な欠陥機だ」として国内での全面的な飛行禁止を求める特別決議を採択。翁長雄志知事は辺野古移設阻止を訴えた。
 普天間所属のオスプレイは昨年12月にも名護市沿岸部で不時着、大破。5日のオーストラリア沖の墜落で、安全性への不安が高まっている。
 翁長氏はあいさつで、辺野古での「新基地建設は絶対にできないと確信している」と強調した。」




呑気なことだ。
沖縄は、「輸送機オスプレイのオーストラリア沖での墜落事故」より、
北朝鮮の攻撃されたとき、どうする。

その対策のが、大切だろう。
「主催者発表で約4万5千人が参加」日本が、北朝鮮から、攻撃されないと、バカにしているのかもしれない。
それか、北朝鮮、中国の売国奴か。


ニュースみてない、沖縄なのか。

アメリカ軍は、防衛対策は、基地内でしている。
沖縄県は、庶民は、対策しているのか。
基地の近く、避難場所でも、付くているのか、地下。

呑気なことだ。
広島、のように、ミサイルが通る場所でないと、バカにしているのかもしれない。

地方の自治体は、せめて、市庁舎、県庁には、寝泊まりする県知事、市長は、していることだう。

呑気に、デモ、集会している場合でない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 考えると、昔は、そうだった。 | トップ | 考えると »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。