二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

考える、分業が必要かもしれない。

2016年12月28日 03時17分57秒 | ニ言瓦版
裁判は、どんな結果か。


「東京女子医大病院(東京都新宿区)で平成26年2月18日、顎のリンパ管腫の手術を受けた当時2歳の男児が手術後に鎮静剤「プロポフォール」の過剰投与で死亡した事件で、両親が手術を担当した耳鼻咽喉科の医師ら2人に1億5千万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こすことが27日、関係者への取材で分かった。28日に東京地裁に訴状を提出する。

 両親が訴えるのは、手術の執刀医と、手術で助手を務めた後に主治医となった2人。代理人弁護士によると、訴訟では、手術後に人工呼吸器が必要となりプロポフォールが投与されることを伏せたまま男児の手術を承諾させた▽主治医であるにも関わらず、手術後の安全管理を放置した▽プロポフォールを投与した麻酔科医らと連携を取らず、男児の異常に対処しなかった-などと主張するという。

 民法上、不法行為に対する損害賠償請求の時効は、損害発生や加害者を知ったときから3年。両親は「いまだ病院から納得のいく説明がない。時効が来てしまえば何もできなくなる。息子の死に関わった全員から話を聞くため、まず2人を訴える」と話している。」



どうも、解らない事件。
麻酔の関係の医者が、問題なのか。
それとも、「手術後に鎮静剤「プロポフォール」の過剰投与」が、問題なのか。
解らないものだ。

医者の専門医があるのだろうが、現実は、手術後は、別の管理することが、必要に見える。
人工知能の医者が、必要なことかもしれない。

考えると、医者の制度も、分業化が必要かもしれない。
資格は、めいめい、違う。
なんこも、資格を取る制度が、必要かもしれない。
建築のように、施工と、設計、最後の国の基準も管理。


遺体の検視も、医者、医療の開発の医者、問われるのは、細かな、資格制度が必要。
外科医、内科医、でなく。
内科医も診療のは、人工知能の活用。
外科医、治療の人工知能の選択から、専門の医者。
治療は、専門の医者。

遺体は、専門の医者。

資格が、必要なことが、あるものだろう。

「手術後に人工呼吸器が必要となりプロポフォール」は、専門の医者でなく、
素人に近い医者か、それとも、人体実験をした、悪魔かもしれない。

プロ野球の投手ではないか、
先発、中継ぎ、抑えと、いうように、医者の分業。
いや、医者の資格より、専門の分野の専門学校が必要かもしれない。

麻薬専門大学、専門学校とか、必要なことだ。
必ず、医療か、薬物依存には、必要な専門の分野だろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また、見たいとは、思わない。 | トップ | 失敗だろう。経営の。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。