二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017年05月17日 03時15分04秒 | ニ言瓦版
婚約されたことは、いいことだ。
庶民には、いいこと。
国としては、いいことか、難しいことかもしれない。
本来ならば、天皇のなる身分。

女性の天皇が、できると、一番とは、行かないが、二番目かも知れなかった。



「秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(25)が婚約されることが16日、分かった。宮内庁によると、お相手は大学時代の同級生で東京都内の法律事務所勤務の小室圭さん(25)。今後、正式な婚約内定発表や、一般の結納に当たる納采(のうさい)の儀などを経て挙式となる見通し。皇室典範の規定では、眞子さまは結婚とともに皇籍を離脱することになる。
 宮内庁の山本信一郎長官は16日夜、同庁で報道陣の取材に応じ、「しかるべき時期に宮内庁から発表するべく計画を進めようとしていた。婚約内定の発表時期は現時点で未定」と語った。山本長官によると、秋篠宮ご夫妻に既に報告され、了承を得られた。天皇、皇后両陛下にも報告されているという。
 小室さんは横浜市在住で、母親と祖父との3人暮らし。眞子さまと同じ国際基督教大学(ICU)を2014年に卒業し、以前は銀行に勤務。現在は都内の奥野総合法律事務所・外国法共同事業に勤める傍ら、一橋大大学院国際企業戦略研究科に在籍し、経営法務を専攻している。弁護士資格はないという。
 10年度には、藤沢市観光協会が募集している観光大使「湘南江の島 海の王子」に選ばれ、活動。趣味はバイオリン、スキー、料理と同協会のホームページで自己紹介していた。
 眞子さまは1991年10月23日生まれ。初等科から高等科まで学習院に通い、ICUを卒業後、英国に留学。レスター大大学院博物館学研究科を修了した。ICU時代はスキー部に所属していた。…
今月31日からは、6月8日までの日程でブータンを公式訪問し、4日に同国で開かれる「花の博覧会」などに出席することになっている。
 女性皇族の慶事は、高円宮家の次女典子さんが14年、出雲大社(島根県出雲市)の権宮司、千家国麿さんと結婚して以来。天皇の子や孫に当たる女性皇族を指す内親王では、両陛下の長女黒田清子さんが05年に東京都職員黒田慶樹さんと結婚した。」




人は、運は、生まれた、時、男、女で、身分が、変わっていく例かもしれない。
天皇の系図、みると、天皇になる、慣れないは、運命なのかもしれない。

皇室の方と結婚する相手も、大変なことだ。
これが、どんな法が、変わるか。
そして、皇室の一族の家系図は、どんな風に、なっていくか。


人生は、家系図と、考える一族と、結婚する人は、その子供、その親も、親族も、
大変なことだ。
金のかかることも、覚悟。

結婚は、普通の人の結婚でも、金のある一族と、結婚すると、
その関係は、大変なことになるものだ。


人生は、結婚で、変わっていくのが、一族かもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 考えると、今まで、開発が遅... | トップ | 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。