二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

酷い政権だ。7月だよ。

2017年07月14日 11時04分02秒 | ニ言瓦版
やっとか。
空白でも、いい気がする。
必要ないかもしれない。
駐日大使。
キャロライン・ケネディ氏のときは、必要な人だと、民主党の時は、その前の共和党でも。

7月で、本当に、必要ないことかしれない。
アメリカの問題だが。




「米上院(定数100)は13日の本会議で、トランプ大統領が次期駐日大使に指名した実業家ウィリアム・ハガティ氏(57)の人事を86対12の賛成多数で承認した。オバマ前政権の2期目に大使を務めたキャロライン・ケネディ氏の後任として赴任する。

 ハガティ氏は有力コンサルティング会社に勤務していた時、日本に3年間駐在した知日派。出身地である南部テネシー州で経済地域開発局長などを務めて日本企業の誘致に取り組んできた。日本語にも堪能とされる。

 トランプ氏からの信頼が厚く、大統領就任までの政権移行チームでは閣僚級や高官など政治任用ポストの人選を担当した。共和党内で幅広い人脈を持っている。

 国務省のナウアート報道官は13日の記者会見で「ハガティ氏は長期間を日本で過ごし、諸課題に精通している。ハガティ氏が日本で米国を代表することに期待している」と述べた。

 ハガティ氏は8月にも日本に着任する見込み。北朝鮮の核・ミサイル開発への対処で日本政府と緊密な連携を図ることが当面の最大の課題となる。今年5月に行われた上院公聴会では農産物を始めとする米国産品に対する日本市場の開放に取り組むと証言した。

 安全保障面で引き続き日米同盟の強化に当たる一方、通商政策では、トランプ氏の「米国第一」の方針に沿って、日本側に一層の市場開放や対米直接投資の拡大を求めるものとみられる。」



でも、また、4年後は、交代する。
いや、後、三年半ぐらい。
現実は、後、三年あるか。


早く、東京五輪の時期に、来ないものが、
それまで、大統領は、果たして、誰か、なっているのか。

でも、大変だろうな。
皇居の管理者、馬車になるのか、それとも、車か。

夏でも、今月か、来月か、終戦の日。八月原爆の投下のとき、果たして、
駐日大使は、広島、長崎、でるのか、それも、興味がある。


ても、酷い政権だと、思う。
アメリカのトランプ政権。

7月13日だ。

世界でも、アメリカ大統領で、とんでもない、災難が、不運が、あるのかもしれない。
アメリカ庶民は、本当に自由の選挙したのか、疑問なこと。

議会の選挙で、総理大臣決めるのが一番の正しい人材が生まれる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今後、番組次第だろうな。 | トップ | 普通は、辞職だろうな。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。