二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

面白い。上期。

2017年07月12日 08時25分31秒 | ニ言瓦版
面白い。
テレビのCMも、組織、事務所の営業と、
朝ドラの効果かあるのか。
下期は、どんな風になるか。



「テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは11日、『2017上半期タレントCM起用社数ランキング』を発表した。男性部門は、2016年間1位の嵐・相葉雅紀と男子プロテニスの錦織圭選手が10社で同時に1位を獲得。女性部門は、女優の広瀬すずが14社で初の上半期女王に輝いた。


 2年連続で年間王者、上半期では3年連続1位となっている相葉。今期も嵐としてキリンビール、日本航空、日立など、個人では池田模範堂やカルビー、メルセデス・ベンツなど爽やかなイメージにピッタリなCMに出演。年間王者3連覇に向けて快調なスタートを切った。

 錦織選手もエアウェーブやジャガー、久光製薬、森永製菓、ユニクロなど幅広いジャンルのCMに出演。こちらも2年連続王者を射程圏内に捉えている。

 男性部門の2位には、9社で嵐の松本潤と俳優の遠藤憲一。3位は嵐の櫻井翔と二宮和也、そしてタレントのDAIGOが8社で並んだ。4位は混戦でメジャーリーグのイチロー選手、TOKIOの長瀬智也のほか、俳優の斎藤工、菅田将暉、西島秀俊、松坂桃李、松重豊、山崎賢人と多彩な顔ぶれがランクインした。
女性部門で初めて首位になった広瀬は、昨年の2位から初の上半期女王に。大塚製薬、資生堂、スズキ、ソフトバンクモバイル、明星食品など若い世代に向けた商品のCMに多数起用された。

 2位は10社に出演した女優の綾瀬はるか、有村架純、上戸彩、ローラ、高畑充希、そして昨年の年間女王の吉田羊。3位は9社で宮崎あおい、4位は8社で新垣結衣、石原さとみ、川口春奈、桐谷美玲、武井咲、菜々緒、波瑠、吉岡里帆といった旬の美女たちがそろって名を連ねている。

■2017上半期タレントCM起用社数ランキング(同順位は50音順)
◇男性部門
1位 10社 相葉雅紀(嵐)、錦織圭
2位 9社 遠藤憲一、松本潤(嵐)
3位 8社 櫻井翔(嵐)、DAIGO、二宮和也(嵐)
4位 7社 イチロー、斎藤工、菅田将暉、長瀬智也(TOKIO)、西島秀俊、松坂桃李、松重豊、山崎賢人

◇女性部門
1位 14社 広瀬すず
2位 10社 綾瀬はるか、有村架純、上戸彩、高畑充希、吉田羊、ローラ
3位 9社 宮崎あおい
4位 8社 新垣結衣、石原さとみ、川口春奈、桐谷美玲、武井咲、菜々緒、波瑠、吉岡里帆
5位 7社 北川景子、佐々木希、長澤まさみ、深田恭子、本田翼、マツコ・デラックス、山本美月」



広瀬すず氏、凄い。
男性の方は、事務所の営業の成果。

四位7社はのタレント、俳優は、後半は、ドラマの視聴率と、話題に影響。

でも、本人のところに、収入が、入るのか、ないのかもしれない。
酷い事務所は、少ないことだ。
売れる時期は、CM。
売れなくなると、解雇が、現実かもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 凄い寄付。投資家は、大切な人 | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。