二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

酷い選挙だ。

2016年10月16日 14時21分14秒 | ニ言瓦版
不思議だ。税金を正しく払っているものが、大統領選挙に出るのが普通。
企業の経営も、同じこと。
解らないのは、自分の同じことすると、思うのが浅はかである。



「米著名投資家で富豪のウォーレン・バフェット(Warren Buffett)氏は10日、自身の納税記録を公表し、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏も自分と同じように公開すべきだと促した。トランプ氏は前日、自身が行った巨額の損失申告による納税回避はバフェット氏もしてきたことだと主張していた。
 米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は今月、トランプ氏の納税記録を公開。それによると同氏は1995年に9億1600万ドル(約950億円)の損失を申告し、その後最長で18年にわたって連邦税の納付を免除されていたという。
 9日に行われた大統領選の第2回討論会でトランプ氏はこの問題に関し、損失を納税回避に利用したことを認め、「そうするのは当然だ。当然なんだ」と述べ、同じようなことならバフェット氏だってやってきたと話していた。
 これに対し、民主党候補のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官の支持を表明しているバフェット氏は、トランプ氏の指摘は事実とは異なると反論。「連邦税なら1944年から毎年納めている。13歳の時からだ。(ただ出だしは不調で、同年の納税額はたった7ドルだったが)」と述べた。
「私は72年分の確定申告書の写しを持っている。繰り越し控除を行ったことは一度もない」と断言した。
 さらにバフェット氏は昨年の総資産を1160万ドル(約12億円)と申告し、慈善活動と州税で550万ドル(約5億7000万円)の控除を受け、180万ドル(約1億8700万円)の連邦税を支払ったと明かした。
 さらにバフェット氏は、慈善活動に昨年29億ドル(約3000億円)近くを寄付したが、控除を受けられたのは350万ドル(約3億6300万円)分だけだったとしている」


考えると、酷い候補者だ、自分のしているこ、他人も同じというのが、酷い。

============

本当か、何もかも、でっち上げか。

「米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏は15日、民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏が前回のテレビ討論会で能力を高める薬物を使用していたという一風変わった批判を行い、今月19日にラスベガス(Las Vegas)で予定されている最後の討論会の前に、クリントン氏に薬物検査を実施するべきだと主張した。

 トランプ氏はニューハンプシャー(New Hampshire)州ポーツマス(Portsmouth)で開かれた集会で「(クリントン氏に)何が起こっているのかわからない。前回の討論会では最初勇み立っていたが、最後は『こらしめてくれ』と言わんばかりに、車にたどり着くのもやっとの様子だった」と述べた。

 その上で「スポーツ選手には禁止薬物検査が義務付けられている。大統領候補も討論会前に薬物検査を受ける必要があると思うので、そうしてはどうか」と語った。激しい選挙戦は、新たに意外な展開を見せた。」


検査するのは、本人かもしれない。
トランプ氏も検査することだ。

異常な発言、異常な行動は、何かあるのかもしれない。

アメリカとは、金があればいいが、
不正している金、税金を払ってないものが、大統領選挙、大統領になれば、
不正は、正しいことになる。

都合の悪いことは、でっち上げるのかもしれない。

酷い大統領選挙になるものだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酷い。 | トップ | 凄い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。