二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

そこで、見れるのか。

2017年07月31日 02時59分30秒 | ニ言瓦版
笑い話になる、永遠に。
メダルの数、堪忍してないのか。
酷いことだ。




「東海大菅生が強打者清宮を擁する早稲田実を破り、17年ぶりの優勝で幕を閉じた西東京大会。閉会式の優勝メダル授与で、メダルが足りなくなるハプニングが起きた。


 主将小玉を筆頭に、ベンチ入りメンバー20人へ1人ずつ順番に優勝メダルが贈られ、その様子が球場内の大型画面に映し出された。どよめきが起きたのは、最後に待ち構えていた背番号15の深津に差し掛かったとき。メダルが一つ足りず、思わず苦笑いを浮かべる深津が大写しされた。

 数分後、無事にメダルを贈られた深津は喜びの表情を浮かべた。大会委員としてメダルを準備したのは、くしくも東海大菅生の副部長。「数え間違えた。たまたま自分の指導するチームで良かった」と反省しきりだったが、これまで伝令などでチームに貢献してきた深津は「メダルをもらえた時はほっとした。注目されて『ちょっとおいしいな』と思いました」と笑顔だった。」



しかし、地方大会の東京の西東京大会で、凄い客が、入ったものだ。
皆、強打者の清宮選手をみたさ。


甲子園の面白くない年になる。
東海大菅生高校が、決勝で、勝ったのだから。

清宮選手の大学か、社会人か、プロ野球か、大リーグか、

楽しみは、これからである。
六大学で、清宮選手をみれたら、六大学野球は、繁栄する。
神宮球場、客を期待と満足させる、試合、満員にする客。

来年は、どこで、野球するのか。楽しみである。

東海大菅生など、興味ないことだ。
===========

「◇第99回全国高校野球選手権西東京大会決勝 早実2―6東海大菅生(2017年7月30日 神宮)


 第99回全国高校野球選手権西東京大会決勝は30日、神宮球場で行われ、東海大菅生が6―2で早実を破り、17年ぶり3度目の甲子園出場を決めた。高校通算最多の107本塁打に並んでいた注目の早実・清宮幸太郎(3年)は、3打数1安打1四球で新記録達成はならなかった。

 清宮は、今大会では高校通算本塁打の新記録達成はならなかったが、9月に行われる「第28回WBSC U―18ワールドカップ(W杯)」(日本時間9月1~11日、カナダ)の日本代表候補に入っており、甲子園期間中に決定する最終メンバーの20人に入れば、本塁打記録の更新の可能性が残されている。」


28回WBSC U―18ワールドカップ(W杯)か、そこで見れるのか。
楽しみだ。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 普通の葬儀だ。 | トップ | 勝手な試合と、感想。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。