二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

素人が考えて、可笑しい、あんなに時間があった。監査法人は、無能だろう。

2017年05月16日 03時35分47秒 | ニ言瓦版
不思議でならない。
決算が、監査法人が、認めないも、不思議。
あんなに、時間と、海外に行き、調べると、出来ること。

日々、毎月の決算、営業報告がある。
数字が、あるだろう。
不思議でならない。
帳簿が、問題は、もう、誤魔化しの決算の分かったのに、不思議。




「東芝は15日、2017年3月期連結決算について、監査承認のない暫定的な数値を見通しとして発表した。米原発子会社の巨額損失の調査で、PwCあらた監査法人と対立が続き、監査が遅れているため。決算を確定させ、業績を正式に示す有価証券報告書を6月末までに関東財務局へ提出する必要があるが、遅れが懸念される。記者会見した綱川智社長は「監査法人と協調し、適切かつ早期に終わらせるため最善を尽くす」と語った。

 PwCから「適正」の見解を得られないまま発表した16年4~12月期に続く異例の決算。17年3月期の純損益は原発事業の損失が響き、国内の製造業では過去最大の9500億円の赤字となった。3月末では負債が資産を上回る5400億円の債務超過。綱川社長は「株主、投資家に多大な迷惑と心配を掛け、深くおわびする」と陳謝した。

 東証の上場ルールでは、18年3月末も債務超過なら上場廃止となる。東芝は事業価値を2兆円以上と見込む記憶用半導体フラッシュメモリー事業の売却で債務超過を解消する方針だ。

 だが、東芝とメモリー事業で提携する米ウエスタンデジタル(WD)は、国際商業会議所(本部パリ)の国際仲裁裁判所に、WDの同意のない売却の差し止めを申し立てた。係争により、売却交渉が大幅に遅れる懸念が生じている。 」




この監査法人は、問題かもしれない。
日々、毎月、検査しないのか。

経理の出した数字、検査するのは、会社の経理と、監査法人ではないか。


経理と監査法人は、会社と、分離するのか、普通の経営である。
いろいろ、不正するのは、決まって、社長が、経理に指示して、不正。

経理の独立と、分離することが、普通の企業だが。
監査法人も、毎月、検査しないのか。
そんな楽な監査方針は、一年二回ぐらいの監査で、信用できるのか。

東芝も、「9500億円の赤字」は、苦肉の策だろう。
あんなに、時間と、調査の時、何しているか。

結局、仕事知らないものが、監査、経理してるいのかしれない。

米ウエスタンデジタルも酷い、策する。
東芝の金のなる木、売るのを止めると、そして、会社倒産避けるが、
東芝と、一連託生か。


どうするかのかと、経営者は、解らないのかもしれない。
監査法人も、バカの組織なのかもしれない。

本当に、どのくらいの赤字が、解らないのかもしれない。
調べること、知らないのかもしれない。

有名大学の主審者では、財務省に行く学齢のある人では、
決算知らないで、勝手な経営していたのかもしれない。


貸した銀行も、深刻だ。
新しい、支援する、企業が、出ないと、無理かもしれない。
経理のできる、決算のできる、人材は、入れないと、先行きない。


東芝テックの機械で、使い、日々決算すれば、出て来るものだ。
違うかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 考えると、 | トップ | 売れるとき、ある。酷い不正... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。